灯火類はすべてLEDに! アシストスリッパークラッチも新たに採用

画像1: Honda 「Rebel 250」新色:マットジーンズブルーメタリック

Honda 「Rebel 250」新色:マットジーンズブルーメタリック

モデルチェンジを遂げた、ホンダの新型「レブル250」シリーズが2020年3月19日(木)に発売されます。純正アクセサリーを標準装備した、初の派生モデル「レブル250 S エディション」も同時にデビュー!

画像1: Honda 「Rebel 250 S Edition」

Honda 「Rebel 250 S Edition」

レブル250 新型と従来型の比較写真

画像: レブル250 新型と従来型の比較写真

上が2020年3月19日発売の新型レブル250/下がこれまでのレブル250

画像: 上が2020年3月19日発売の新型レブル250/下がこれまでのレブル250

新型「レブル250」の特徴

画像2: Honda 「Rebel 250」新色:マットジーンズブルーメタリック

Honda 「Rebel 250」新色:マットジーンズブルーメタリック

新型レブル250は、ヘッドライト、ウインカー、テールランプに、スタイリングをより引き立てるLEDを採用。

メーター内にギアポジションを表示するインジケーターを追加するとともに、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性を向上させています。

画像: 新型「レブル250」の特徴

また、クラッチ操作の荷重低減を行ない、急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制する「アシストスリッパークラッチ」を新採用するとともに、クラッチレバーの形状を変更。

さらに、前後サスペンションの仕様も変更され、より扱いやすく乗り心地の向上が図られました。

レブル250のカラーリングは新色の「マットジーンズブルーメタリック」に、従来色の「マットフレスコブラウン」「マットアーマードシルバーメタリック」を合わせた、全3色のカラーバリエーション。価格は税込59万9,500円です。

「レブル250 S エディション」の特徴

画像2: Honda 「Rebel 250 S Edition」

Honda 「Rebel 250 S Edition」

純正アクセサリーを標準搭載する「レブル250 S エディション」は、主体色と同色のヘッドライトカウルをはじめ、重厚感を演出するフォークブーツとフォークカバーを装備。

ブラックアウトされた車体のアクセントとなる、ブラウンのカラーシートも標準装備されます。

レブル250 S Editionは「マットアクシスグレーメタリック」1色の設定。価格は63万8,000円です。

This article is a sponsored article by
''.