35年に渡るロングセラーモデルのセロー。その歴史に幕を下ろすこととなるファイナルエディションが2020年1月15日(水)に販売開始された。
 
長く愛されるモデルは、それなりの理由と魅力が必ずある。バイク好きなら誰もが知っている「セロー」シリーズは、どうしてここまで愛され続けてきたのか、そしてその未来はどこに向かうのか。プロジェクトリーダーにお話を聞いた。

シンプルさの追求が生んだ扱いやすさと優しさの35年

画像1: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?

橋本貴行

ヤマハ発動機株式会社
PF車両ユニット
PF車両開発統括部
ST開発部

「セローに携わる以前は、初心者向けのオールラウンダー、ぐらいのイメージしかありませんでした。担当するようになって、初めてセローブランドの重みを感じました」

そう語るのは、ヤマハ発動機の橋本貴行さん。排ガス規制に対応して「最後の変更」が行われた2018年モデルのプロジェクトリーダーだ。

「セローの担当になって、プレッシャーはすごくありました。考えて、悩んで、近藤さん(近藤充氏。セローのコンセプトを提案した生みの親)を訪ねました。セローらしさとは何か、と聞かれて、答えると『君はわかっていない』と言われて、また悩んで……。社内にある資料を片っ端から調べて学びました」

画像: (左)SEROW250 FINAL EDITION(2020年)税込58万8500円/(右)SEROW225(1985年)

(左)SEROW250 FINAL EDITION(2020年)税込58万8500円/(右)SEROW225(1985年)

我々が思うセローの魅力、いわゆる「セローらしさ」について考えてみると、軽くて扱いやすい、足つきがいい、ハンドルがよく切れて小回りもきく……となるが、それは後から生まれた副産物のようだ。

「もともとのセローのテーマは、山登りを楽しむ、使いやすいバイクというもの。スタートはシンプルな、単機能のバイクでした。そのためには何が必要か、ということで、軽くしたり、足つきをよくしたりするうちに、お客様がそれを魅力として広く伝えてくださったのです。扱いやすい、優しいバイク、とよく言われるセローですが、それはお客様が育ててくださったからなのです」

35年という歴史の中で、セローは何度も存続の危機に立たされたという。それを乗り越えられたのは、セローファンに対する想いがあったからだった。

画像: SEROW250 FINAL EDITIONに積載性と機能性をプラスしたアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」も最終モデルとなる。同じく2020年1月15日販売開始。税込64万4,600円

SEROW250 FINAL EDITIONに積載性と機能性をプラスしたアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」も最終モデルとなる。同じく2020年1月15日販売開始。税込64万4,600円

「排ガス規制をパスするだけなら、技術的にはさほど難しいことではありません。ただ、出来上がったものがセローと呼べるかと言うと話は別なんです。実際、社内でも『これでセローと呼べるのか?』という意見が出て、何度も細かい改良をし直しました」

多くの困難を超えて35年。いったんはファイナルだが、ファンとしては今後のセロー復活にも期待したいところだ。

「セローという名前かは分かりませんが、こうしたシンプルで使いやすいコンセプトのバイクはオフロード車には欠かせないものだ、という認識はヤマハでも持っています。このカタチではいったんファイナルですが、長く愛していただければ嬉しいです」

画像: 左から橋本さん、ファイナルエディションのカラーデザインを担当した太田晴美さん、商品企画の松田克彦さん。35年という歴史は、たくさんの開発者たちの情熱の歴史でもある

左から橋本さん、ファイナルエディションのカラーデザインを担当した太田晴美さん、商品企画の松田克彦さん。35年という歴史は、たくさんの開発者たちの情熱の歴史でもある

レポート:松本正雅/写真:柴田直行

セロー250 ファイナルエディション 主なスペックと価格

全長×全幅×全高:2100×805×1160㎜
ホイールベース:1360㎜
シート高:830㎜
最低地上高:285㎜
車両重量:133kg
エンジン形式:空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量:249cc
ボア×ストローク:74×58㎜
圧縮比:9.7
最高出力:20PS/7500rpm
最大トルク:2.1kg-m/6000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:9.3L
キャスター角:26.40°
トレール量:105㎜
変速機形式:5速リターン
ブレーキ形式 前・後:シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後:2.75-21・120/80-18
メーカー希望小売価格(税込):58万8500円

ファイナルエディションのカラーは2色! あなたはどちらがお好きですか?

画像2: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?

SEROW250 FINAL EDITIONのカラーバリエーションは「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色。「もし買うならこっち!」と思った方をお選びください。
回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像3: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?
    パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
  • 画像4: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?
    パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)
  • 画像5: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?
    パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
    51
    542
  • 画像6: 【開発者インタビュー】ヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」/1月15日(水)販売開始! セローの真のコンセプトとは?
    パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)
    49
    531

ご回答ありがとうございました!

時間が経ってからもう一度見ていただくと、集計数が増えていて、よりお楽しみいただけます。

こちらの記事もおすすめです!

現在発売中の月刊オートバイ2月号ではセローを徹底深掘りしています。

This article is a sponsored article by
''.