B+COMなどを販売するサイン・ハウスが、FANTIC・キャバレロシリーズやランブレッタの輸入・販売に続いて、台湾のバイクメーカー「SYM(エス・ワイ・エム)」の車両販売も開始することになりました! 厳しい排ガス規制のEURO4もクリアした利便性の高いスクーター「Orbit III(オービットスリー)50/125」が12月6日から発売です!

台湾のバイクメーカー「SYM」が2年ぶりに日本復活!

画像: 台湾のバイクメーカー「SYM」が2年ぶりに日本復活!

バイク用インカム 「B+COM」をはじめ、ヨーロッパの高級スクーター「ランブレッタ」やオフロードファンを中心に人気が高い「ファンティック」の輸入販売を行なっているサイン・ハウスが、台湾「SYM(エス・ワイ・エム)」の日本輸入代理店として車両やパーツの取扱いを開始しました。

SYM(エス・ワイ・エム )ってどんなメーカー?

画像1: SYM(エス・ワイ・エム )ってどんなメーカー?

SYM(エス・ワイ・エム ) とは、台湾の三陽工業(SANYANG MOTOR)が製造・販売する二輪車のブランドです。

1954年に創業され、台湾国内ではKYMCOやヤマハに次ぐシェアを保有し、世界各地での登録台数は1300万台を超えるグローバルメーカーなんです。

画像2: SYM(エス・ワイ・エム )ってどんなメーカー?

これまでSYMの車両を取扱ってきたエムズ商会から輸入・販売業務を引き継ぎ、サイン・ハウスが取り扱うモデルの第一弾として、利便性の高いスクーター「OrbitⅢ(オービットスリー)」が12月6日から発売されました。

サイン・ハウスが取り扱うコスパ最強スクーター「Orbit Ⅲ」

画像: サイン・ハウスが取り扱うコスパ最強スクーター「Orbit Ⅲ」

国内販売復活の第一弾となるモデルは、台湾本国はもとよりヨーロッパでも人気の高いスクーター「Orbit Ⅲ(オービット スリー)」です。

原付免許や普通自動車免許で気軽に乗れる低価格な50ccモデルと、近年ますます人気が高まっている利便性の高い原付二種の125ccモデルの2種類が発売されます。

まずはOrbit III 50ccから見ていきましょう。

SYM「Orbit III(オービットスリー)」50cc

前後に走行安定性の高い12インチタイヤを履き、フロントには制動性の高いディスクブレーキを装備しています。また、USBアクセサリー電源も備えた大容量のシート下スペースは使い勝手が抜群。日常の利便性が高いスクータモデルです。

画像: Orbit III 50<ホワイト>15万円(税別)

Orbit III 50<ホワイト>15万円(税別)

画像: Orbit III 50<ブラック>15万円(税別)

Orbit III 50<ブラック>15万円(税別)

画像: Orbit III 50<レッド>15万円(税別)

Orbit III 50<レッド>15万円(税別)

SYM「Orbit III(オービットスリー)」50cc ツートンカラー

蛍光イエローとシルバーが印象的なこちらのツートンカラーは、EICMA2019で発表された新色で、1月以降に日本でも発売予定です。

画像: Orbit III 50<イエロー/シルバー(ツートン)>

Orbit III 50<イエロー/シルバー(ツートン)>

SYM「Orbit III(オービットスリー)」125cc

基本的な車格は50ccモデルと同じながらも、排気量を125ccに拡大。フロントとリアが同時にかかるコンビブレーキが採用されている原付二種モデル。もちろんタンデムも可能です。

画像: Orbit III 125<ブルー>20万5000円(税抜)

Orbit III 125<ブルー>20万5000円(税抜)

SYM Orbit Ⅲ( オービット スリー)50/125
<主要スペック>
エンジン:空冷4ストロ ーク2バルブ単気筒
排気量:49.5cc / 124.6cc
燃料システム:ECS / EFI
変速機形式:CVT
フロントサスペンション:テレスコピックフォーク
リアサスペンション:ユニットスイング式
フロントブレーキ:ディスク 226mm / ディスク 226mm+CBS
リアブレーキ:ドラム 110mm /ドラム 130mm+CBS
フロントタイヤ:110/70-12
リアタイヤ:120/70-12
全長×全幅×全高:1915mm×680mm×1125mm
ホイールベース:1290mm
車両重量:110kg / 120kg
燃料タンク容量:5.7L

SYM「Orbit III(オービットスリー)」主要装備

画像: インターパネルはアナログ速度メーターとガソリンメーターが装備され、すっきりと見やすい仕様となっています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

インターパネルはアナログ速度メーターとガソリンメーターが装備され、すっきりと見やすい仕様となっています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

画像: シート下スペースはビッグスクーター並の広さです! 一般的なサイズのフルフェイスヘルメットを入れてもまだまだ余裕たっぷりでした。(写真はOrbit Ⅲ 50)

シート下スペースはビッグスクーター並の広さです! 一般的なサイズのフルフェイスヘルメットを入れてもまだまだ余裕たっぷりでした。(写真はOrbit Ⅲ 50)

画像: シート下にUSBポートも標準で装備されているのが嬉しいですね。スマートフォンなどの充電に便利です。

シート下にUSBポートも標準で装備されているのが嬉しいですね。スマートフォンなどの充電に便利です。

画像: 左に見えるのが給油口で、開閉はメインスイッチで操作できます。センターには荷掛けフックも用意されています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

左に見えるのが給油口で、開閉はメインスイッチで操作できます。センターには荷掛けフックも用意されています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

画像: タイヤは50cc、125cc共にスクーターとしてはやや大きめの前後12インチが採用されています。フロントブレーキには226mmのディスクブレーキが装備され、125ccはフロントとリアが同時にかかるコンビブレーキになっています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

タイヤは50cc、125cc共にスクーターとしてはやや大きめの前後12インチが採用されています。フロントブレーキには226mmのディスクブレーキが装備され、125ccはフロントとリアが同時にかかるコンビブレーキになっています。(写真はOrbit Ⅲ 50)

SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

画像1: SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

SYMの車両は世田谷区尾山台の環状八号線沿いにある「サイン・ハウス」ショールームで見ることができます。

過去に販売されてきたモデルの部品供給やアフターサービスも行われる予定ですので安心ですね。是非、一度足を運んで見て下さい。

画像2: SYMの実車が見られる「サイン・ハウス」ショールーム

<サイン・ハウスショールーム>
住所:東京都世田谷区尾山台2-32-15
電話:03-3721-1770
営業時間:10時〜18時
定休日:毎週水曜・木曜・祝祭日

サイン・ハウス公式ホームページ

サイン・ハウス取り扱い車両の関連記事はこちら!

This article is a sponsored article by
''.