2ストでも履きたい現代ワイドラジアル

1980年代車両に現代のワイドラジアルタイヤを履く。4ストローク車だけでなく、2ストマシンでもそういう要求は多く出てくるはずだ。

構造の違いからタイヤ全体でグリップを得ていくのがバイアス、サイドウォールのしなやかさを生かしながら固めのトレッドでグリップを得ていくのがラジアルという感じで、大排気量やカスタム化で剛性を高めていく場合はラジアル換装は魅力が高い。そしてラジアルタイヤが2輪で一般化するのは’80年代後半以降のことだから、それ以前のモデルをカスタム化した際に試すのも理に適っている。

画像: クオリティーワークスRZ250RR(ヤマハRZ250RR)/速く、乗りやすく、美しくの3拍子をテーマに仕立てる!#Heritage&Legends

このヤマハRZ250RRはその要求を満たし、タイヤ性能を生かして走れるようにクオリティーワークスで全面的に手を入れたもの。そのために足まわりはRRに同じリヤリンク式ながらフロントには1988年型、リヤに’89年型のそれぞれFZR400ブロックをコンバート。リヤサスは特注。フレーム側も5カ所を補強し対応した。

エンジンは世界の各地からパーツを探し、的確な再生やスープアップを行う同店の手法が施され、ピストンはワンサイズオーバーのTKRJ製を組み、クランクも純正新品を分解してクランクピン溶接後に再組み立てと芯出しを行う念の入れよう。ケーヒンPWKキャブやKPチャンバー、またウオタニSP-Ⅱによる点火系など、補機類も合わせて快走のベースが整っていることが分かる。

そのようにきっちり構成された車体&動力のベースを埋もれさせないよう、フレームやホイール、各部ステーとトップブリッジはパウダーコート仕上げ、外装もヤマハ車を思わせつつもオリジナル度を高めるパターンでフルペイントされ、もちろんセットアップもきちんと行われた。

大物から細部までに配慮の行き届いた組み。“速く、乗りやすく、美しく”というテーマも満たした1台として参考に出来る。

Detailed Description 詳細説明

画像: 美しい仕上がりのメーター/カウル裏。ハンドルはハリケーン・セパレートでマウント部に入るスペーサーを新作し高さ調整可能にした。

美しい仕上がりのメーター/カウル裏。ハンドルはハリケーン・セパレートでマウント部に入るスペーサーを新作し高さ調整可能にした。

画像: 燃料タンクはレトロ( http://retro-spl.jp )が'2019年半ばに製作販売を始めた「RZ-R前期(オムスビテール)純正燃料タンク」を装着している。

燃料タンクはレトロ(http://retro-spl.jp)が'2019年半ばに製作販売を始めた「RZ-R前期(オムスビテール)純正燃料タンク」を装着している。

画像: 補強はステアリングヘッド後ろの上下レールを結ぶパイプ補強(左右)やスイングアームピボット部上(左右)など、計5カ所に施してある。

補強はステアリングヘッド後ろの上下レールを結ぶパイプ補強(左右)やスイングアームピボット部上(左右)など、計5カ所に施してある。

画像: 写真はシングルシートカウル装着状態。ノーマルのシートカウル(タンデムシート仕様)もこれと同色に塗装し任意で付け替え可能となっている。

写真はシングルシートカウル装着状態。ノーマルのシートカウル(タンデムシート仕様)もこれと同色に塗装し任意で付け替え可能となっている。

画像: エンジンはノーマルに同じφ54.4mmのTKRJピストン(ストロークも同じく54mm)を投入、純正新品クランク(いったん分解しピン溶接後に再組み立て→芯出し)で再構成。点火はウオタニSP-2。同店では2スト車はまず1万kmでのピストン/ベアリング確認を推奨している。

エンジンはノーマルに同じφ54.4mmのTKRJピストン(ストロークも同じく54mm)を投入、純正新品クランク(いったん分解しピン溶接後に再組み立て→芯出し)で再構成。点火はウオタニSP-2。同店では2スト車はまず1万kmでのピストン/ベアリング確認を推奨している。

画像: ステンレス輪切りピースとアルミサイレンサーを組み合わせたエクスパンションチャンバーはKP製。キャブレターはケーヒンPWKφ28mmをチョイスした。

ステンレス輪切りピースとアルミサイレンサーを組み合わせたエクスパンションチャンバーはKP製。キャブレターはケーヒンPWKφ28mmをチョイスした。

画像: スタンダードで前後18インチのホイールは、FZR400用3.00/4.50の前後17インチに換装する。タイヤはピレリ・ディアブロロッソⅢで110/70ZR17・150/60ZR17サイズを履いている。

スタンダードで前後18インチのホイールは、FZR400用3.00/4.50の前後17インチに換装する。タイヤはピレリ・ディアブロロッソⅢで110/70ZR17・150/60ZR17サイズを履いている。

画像: デルタボックスタイプのスイングアームは1989年型FZR400用を流用。3本スポークのホイールと合わせ、見た目にも走りの進化が伺える。リヤショックはナイトロンの特注品。ブレーキキャリパーは前後ともに台湾のフランド(Frando)を装着した。

デルタボックスタイプのスイングアームは1989年型FZR400用を流用。3本スポークのホイールと合わせ、見た目にも走りの進化が伺える。リヤショックはナイトロンの特注品。ブレーキキャリパーは前後ともに台湾のフランド(Frando)を装着した。

取材協力:クオリティーワークス

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!

Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイクはこちら!

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号はこちら!

This article is a sponsored article by
''.