カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン

トライアンフがEICMA 2019でスラクストン・シリーズの新たな機種を発表しました。その名も「THRUXTON RS」。

スラクストンならではの伝統的なカフェレーサースタイルを踏襲しながら、既存モデルの「スラクストンR」を上回るシリーズ最高スペックで登場しました。

水冷SOHC並列2気筒エンジンは、大幅な改良が施され、最高出力は8PSも向上し、105PS/7,500rpmに。加えて、これまでよりも700rpm低い回転数で112N・mの最大トルクを発生するとのこと(112N・m/4,250rpm)。

画像1: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン

さらにスポーツ性能を重視した専用シャシー、ショーワの倒立式ビッグピストンフロントフォーク、オーリンズ製のツインリアショック、ブレンボ製のM50ラジアルモノブロックキャリパーおよび320mmフローティングディスク(フロント)など、高性能なパーツをおごっています。

画像2: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン
画像3: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン

そして、前モデル・スラクストンRに比べ、全体で6kgの軽量化を実現しているのも注目ポイント。ハンドリング性能の向上も強調されていて、前モデルから比べて乗り味がどのように変わったのか、非常に気になるところです。

画像4: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン

外観の美しさにもこだわり、ブラッシュ仕上げのツインサイレンサーをはじめ、燃料タンクキャンプなど細部を見るほどに美しさを感じます。

画像5: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン
画像6: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン
画像7: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン
画像8: カフェレーサーを大切にしてきたトライアンフが放つ最新・最高スペックのスラクストン

気になる日本ではの発売は?

すでにトライアンフモーターサイクルズジャパンの公式サイトでもトップを飾り、メーカー希望小売価格も一例として192万500円と表記されています。

発売時期は明示されていませんが、オプションパーツもすでに80点の用意があるとのことで、ほどなく日本での販売も開始されると考えてよさそうです。

カラーバリエーションは〈JET BLACK〉と〈MATT STORM GREY AND SILVER ICE〉の2色展開となる模様。

画像: JET BLACK

JET BLACK

画像: MATT STORM GREY AND SILVER ICE

MATT STORM GREY AND SILVER ICE

それぞれ色だけでなく、燃料タンクのロゴも異なり、好みがはっきりと分かれそうですね。

ということで、さっそくカラーバリエーション・アンケート!

あなたはどちらの「スラクストンRS」がお好きですか?
 
もし買うならこっち!と思った方をお選びください。
回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトでのみ参加できます。

  • 画像5: トライアンフから「スラクストンRS」が新登場! 伝統と最新の融合でカフェレーサーの灯をともし続ける【EICMA 2019速報!】
    JET BLACK
  • 画像6: トライアンフから「スラクストンRS」が新登場! 伝統と最新の融合でカフェレーサーの灯をともし続ける【EICMA 2019速報!】
    MATT STORM GREY AND SILVER ICE
  • 画像7: トライアンフから「スラクストンRS」が新登場! 伝統と最新の融合でカフェレーサーの灯をともし続ける【EICMA 2019速報!】
    JET BLACK
    46
    162
  • 画像8: トライアンフから「スラクストンRS」が新登場! 伝統と最新の融合でカフェレーサーの灯をともし続ける【EICMA 2019速報!】
    MATT STORM GREY AND SILVER ICE
    54
    193

ご回答ありがとうございました。

TRIUMPH THRUXTON RS の主なスペック

全幅×全高:745×1,030mm
ホイールベース:1,415mm
シート高:810mm
車両重量:215.5kg
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒270度クランク
総排気量:1,200cc
ボア×ストローク:97.6×80mm
圧縮比:12.066
最高出力:77kW(105PS)/7,500rpm
最大トルク:112N・m/4,250rpm
燃料タンク容量:14.5L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:22.8゜
トレール量:92mm
タイヤサイズ(前・後):120/70 ZR17・160/60 ZR17
ブレーキ形式(前・後):310mmダブルディスク・220mmシングルディスク

トライアンフモーターサイクルズジャパン 公式サイト

2019年11月7日7時の追加情報!

トライアンフモーターサイクルズジャパンが日本国内での発売情報を正式発表しました。

カラーは2色展開、メーカー希望小売価格は 192万500 円(税込)。発売時期は2020年3月の予定です!

レポート:西野鉄兵

トライアンフはEICMA2019でこちらも発表!

EICMA2019の情報はwebオートバイで!

This article is a sponsored article by
''.