土日のバイト以外は遊びに出ず、アパートに籠って漫画を描く。首都高を走るバイトも楽しかった。
 
©楠みちはる/講談社 ※全ての写真及び記事の無断転載を硬く禁じます。

第10回「巻き込まれ事故と月例新人賞」

「ガソリン代も車検代もいらない、タダでバイクに乗れる。それどころかお金が貰える。楽しくて東京に来た理由を忘れそうでした。

バイクに乗れてお金が貰え楽しい。それを過ぎると次は仕事でバイクを走らせる責任感も出てきます。今日は嫌だなあ…と思っても仕事だから乗らなきゃならない。

バイトの前日、朝まで原稿を描いていて寝ずに行ったことがあります。『ちょっと身体が重いなあ。今日はシンドイなあ』と乗っていたらタクシーに巻き込まれました。

過失は向こうにあったけど、体調がベストなら回避できたアクシデントです。病院は断り、バイクだけ直してもらうことにしました。その夜、打撲した足がパンパンに腫れました。上京した目的を間違えちゃいけない、つくづくそう思いましたね」。

そんな楠先生に再びチャンスが訪れた。1980年12月、少年マガジン月例新人賞を取ったのだ。

画像: 「ふたりはアイラブユー」 月例新人賞を取り、少年マガジン増刊号に掲載。主人公は菱木研二、ヒロインは佐藤友美。各々のバイクはZ2改とパッソルで、友美も免許を所持している点が異なるが、「ララバイ」のプロトタイプ。

「ふたりはアイラブユー」
月例新人賞を取り、少年マガジン増刊号に掲載。主人公は菱木研二、ヒロインは佐藤友美。各々のバイクはZ2改とパッソルで、友美も免許を所持している点が異なるが、「ララバイ」のプロトタイプ。

「78年12月のデビューからちょうど2年、再び来たチャンス。2本目が載るのに2年もかかった。

この頃、少年誌はラブコメブームが始まっています。少年マガジンはヒットした『翔んだカップル』の次を探していました。『じゃあ、ラブコメっぽくいこう』。ポリシー? そんなモノよりとにかく世に出たい。その気持ちでいっぱいですよ。『波の上に出なければ風も当たらないし日も当たらない』。当時の仕事用のメモにははっきり書いてます。

次は年2回の新人漫画賞を狙います。ここで一番を取れば週刊少年マガジン連載が視界に入ります。81年3月の新人漫画賞で「1年目のふたり」が一番を取ります」。

画像: 「1年目のふたり」 この作品で少年マガジン新人漫画賞を獲得。主人公の圭介はライダーではなく、ヒロインのリエはトビラページのフォーゲルではなくZ2に乗る。「ララバイ」に登場する相沢理恵の原型となっている。

「1年目のふたり」
この作品で少年マガジン新人漫画賞を獲得。主人公の圭介はライダーではなく、ヒロインのリエはトビラページのフォーゲルではなくZ2に乗る。「ララバイ」に登場する相沢理恵の原型となっている。

画像: ヤマハ フォーゲル ポッケをベースに10ℓタンクや大型シート、前後8インチタイヤを装備してツーリングなど行動半径を広げた50㏄モデル。車重57㎏のフォーゲルもポッケ同様にハンドルが折り畳めて車載がしやすい。 ■1980年8月発売 ■発売時の新車価格:11万9000円

ヤマハ フォーゲル
 
ポッケをベースに10ℓタンクや大型シート、前後8インチタイヤを装備してツーリングなど行動半径を広げた50㏄モデル。車重57㎏のフォーゲルもポッケ同様にハンドルが折り畳めて車載がしやすい。
■1980年8月発売 ■発売時の新車価格:11万9000円

1981年5月に新人賞の発表と授賞式があり、少年マガジンの編集者は「年末までには連載に持っていきたい」。いよいよ、『あいつとララバイ』が始動する。

(以下、第11回「最後のラブコメ作家、デビュー」をお楽しみに!)

過去の回はこちらからご覧いただけます。

「あいつとララバイ ファンブック」(モーターマガジン社)好評発売中

画像: 「あいつとララバイ ファンブック」(モーターマガジン社)好評発売中

楠先生の愛車遍歴を大特集した「楠みちはる愛車列伝」や書き下ろしの「僕のバイク道・漫画道」完全版など盛り沢山の内容です。

■A4変型ワイド版・オールカラー164ページ
■定価:1527円+税

Amazonでもお買い求めいただけます。

あいつとララバイ ファンブック (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2019-10-30)
売り上げランキング: 27

This article is a sponsored article by
''.