2018年のデビュー以来、大人気のホンダ・モンキー125。2021年にモデルチェンジを遂げ、グロム同様、5速化されたトランスミッションとロングストロークの新エンジンを搭載した。2023年にはカラーを一新し、可愛らしさをアップ!
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ホンダ「モンキー125」インプレ(太田安治)

画像: Honda Monkey125 総排気量:123cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:776mm 車両重量:104kg 発売日:2023年9月21日 税込価格:44万円

Honda Monkey125

総排気量:123cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:776mm
車両重量:104kg

発売日:2023年9月21日
税込価格:44万円

操る充実感も高まって、走る楽しさが大きく向上!

モンキー125はストリートファイターイメージのグロムをベースに、専用デザインの外装をまとって伝統の親しみやすいルックスを再現したことで幅広いライダー層に支持され、折からの125ccブームも味方して一躍人気モデルとなった。

2021年に登場した現行型のモンキー125は、一足先にモデルチェンジしたグロムと同じ新型エンジンを搭載。前モデルのエンジンよりもロングストローク化され、圧縮比はアップ。オフセットシリンダーやローラーロッカーアームの採用で低フリクション化を図るなどの改良も受けている。

スペック上では最高出力の発生回転数は、前モデルより250回転低く、逆に最大トルク発生回転数は250回転高くなっているが、それを感じ取れるのは相当敏感なセンサーを持っている人。一般ユーザーなら気にならないし、気にする必要もまったくない。

最大のトピックはモンキー史上初の5速ミッションだ。これもグロムと同じで、従来の4速ミッションの上に1速足したのではなく、1〜5速までのギア比をパワー特性に合わせて設定したもの。結果的にゼロ発進がしやすくなり、トップギアでクルージングしているときの回転数も少し抑えられている。

画像: ホンダ「モンキー125」インプレ(太田安治)

この恩恵を感じるのは坂道とフル加速時。前モデルではトップギアでは力不足だが3速に落とすと回転が上がり過ぎる、という場面が多かったが、この5速版は迷わずシフトダウンでき、エンジンブレーキの効きも状況に合わせやすい。

特に加減速を繰り返す市街地ではギクシャクした動きが減ってスムーズに走れ、オートバイを操っている充実感、スポーツ性が高くなった。もちろんフル加速時はパワーを有効に引き出せるから、最高速に達するまでのタイムは短縮されているはずだ。

もうひとつ感じた進化がリアサスペンションの改良。前モデルはリアサスのストローク感が薄く、小さめのギャップでもコツコツと突き上げられ、大きめのギャップでは一気にフルストロークして動きに落ち着きがなかった。

グロムよりもホイールベースが短いので致し方ないとは思っていたが、現行型は初期作動が良くなり、ダンピングも強められた印象でしっとりとした動き。コーナリング中のフワ付きが減って安定性が増し、体が上下に揺すられないので乗り心地もいい。

外観はあまり変わらないが、現行型は街乗りでのスポーツ性と快適性が高まっている。引き続き人気を博しそうだ。   

ホンダ「モンキー125」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    バナナイエロー
  • 画像2: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    パールネビュラレッド
  • 画像3: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    パールシャイニングブラック
  • 画像4: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    バナナイエロー
    31
    488
  • 画像5: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    パールネビュラレッド
    36
    555
  • 画像6: 【レビュー】ホンダ「モンキー125」インプレ(2024年)|街を快活に駆け抜ける愛らしく楽しい相棒!
    パールシャイニングブラック
    33
    515

ご投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.