2024年3月14日に国内仕様が発表されたヤマハ「MT-09」の2024年モデル。その翌日には大阪モーターサイクルショー2024が開幕し、日本初公開を果たした。モーターサイクルショーの各会場でも話題となった一台を各部まで見ていこう。
文:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ヤマハ新型「MT-09」特徴

画像: YAMAHA MT-09 ABS 2024年モデル 総排気量:888cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:825mm 車両重量:193kg 発売日:2024年4月17日 税込価格:125万4000円

YAMAHA MT-09 ABS
2024年モデル

総排気量:888cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:825mm
車両重量:193kg

発売日:2024年4月17日
税込価格:125万4000円

ライダーの自由度を高めたライディングポジション

デビューから10周年を迎えたMT-09がフルモデルチェンジ。スタイリングを一新したのをはじめ、自由度の高いライディングポジションの実現や電子制御の充実。大型カラーTFTメーターの採用など、多岐にわたるアップデートを受けている。

『The Knight Horse』というコンセプトを掲げた新型は、圧倒的なトルクとアジャイルなハンドリング、という初代から続くテーマをいかに進化させるか、を考え、原点に立ち返って本来の魅力を磨き上げる手法を選択。

ライダーが車上で自由自在に動ける『3D RIDING』の思想を基に、一体感に満ちたライディングを体験できるよう、新製法の「高意匠プレス成形」タンクを採用したほか、ハンドルとステップの位置を変更。好みに合わせた位置調整も可能にした。

エンジンは従来型から引き継ぐが、新型では3気筒サウンドにも徹底的にこだわってチューニングを敢行。シートレールも新作され、前後サスペンションもリセッティングされたほか、スマートフォン連携機能を持たせた5インチカラーTFTメーターも採用するなど、装備も充実させている。

ヤマハ新型「MT-09」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    ダークグレー
  • 画像2: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    ブルー
  • 画像3: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    マットダークグレー
  • 画像4: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    ダークグレー
    39
    369
  • 画像5: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    ブルー
    28
    271
  • 画像6: ヤマハ新型「MT-09」撮影レポート|ライポジ変更、外観・装備も充実して魅力を高めたビッグチェンジ!
    マットダークグレー
    33
    318

ご投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.