ヤマハ発動機販売は2024年3月14日、マイナーチェンジした新型「MT-09」を発表した。この新型は4月17日に発売される。

ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

画像: YAMAHA MT-09 ABS 2024年モデル 総排気量:888cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:825mm 車両重量:193kg 発売日:2024年4月17日(水) 税込価格:125万4000円

YAMAHA
MT-09 ABS
2024年モデル

総排気量:888cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:825mm
車両重量:193kg

発売日:2024年4月17日(水)
税込価格:125万4000円

マイナーチェンジ! ライディングポジションと装備、デザインを変更、カラーは3色

2014年のデビュー以来、ヤマハ・MTシリーズの中核を担ってきた「MT-09」。最大の個性ともいえる水冷DOHCの3気筒エンジンは、2021年のモデルチェンジで排気量を888ccにアップした。

誕生10周年の節目を迎えた2024年モデルはマイナーチェンジを受け、装備を充実。デザインを一新し、ライディングポジションも変更されている。この新型の開発コンセプトは“The Knight Horse(騎馬)”。従来モデル以上にスポーティな仕様となった。

画像1: ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

ライディングポジションは従来モデル比でわずかに前傾・バックステップ調に。ハンドル位置は下方へ約3.4cm、ステップ位置は後方へ約3cmかつ上方へ約1cm移されている。なおハンドルバーとステップはそれぞれ2パターンの位置調整が可能だ。クラッチレバーは新作で全14段階の位置調整が行なえる。

ポジション変更に伴って、エンジン懸架ブラケットの形状と肉厚を変更し、ボディ剛性を向上。リアフレームも新設計された。フロントサスペンションのバネレートは高められ、減衰特性もリセッティングされている。

エンジン自体に大きな変更はないが吸気音を強調するサウンドデザインが施された。従来の3本吸気ダクトに替え、新型は2本の吸気ダクトとし、高周波サウンドを演出。エアクリーナーボックスカバーには、音の響きを強調する「アコースティック・アンプリファイア・グリル」という開口部が設けられている。

ヘッドライトは新設計の小径LEDを採用。テールランプも新デザインになった。LEDウインカーには「二段階フラッシャー機能」「エマージェンシー機能」「消し忘れ機能」が追加されている。

画像2: ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

鋭いエッジの燃料タンクは、新たな製法「高意匠プレス成形」でつくられたもの。タンク容量は従来モデルから変わらず14Lだが、形状を変更したことでハンドル切れ角が従来の28度から32度へと片側4度ずつ増している。

画像3: ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

メーターには5インチフルカラーTFTディスプレイを新採用。スマートフォンとのBluetooth接続が可能で、専用アプリを使えばナビも表示できる。ハンドルスイッチは新設計。USBタイプCの電源ソケットはシート下に備わる。

画像4: ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

ライディングモードは「スポーツ」「ストリート」「レイン」の3種に加え、2つのカスタム枠が用意されている。クイックシフターとクルーズコントロールシステムも標準装備。クイックシフターは加速中のシフトダウンや減速中のシフトアップにも対応した最新のものだ。また、滑りやすい路面での減速時やシフトダウン時のスリップやロックを抑制するBSR(バックスリップレギュレータ)が新たに搭載されている。

車両価格は税込125万4000円。ボディカラーは「ダークグレー」「ブルー」「マットダークグレー」の全3色となる。発売日は2024年4月17日。なお、上級グレードの「MT-09 SP」は2024年夏頃のリリース予定ということで、価格やスペックの発表は見送られている。

画像5: ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの特徴

ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルのカラーバリエーション

ダークブルーイッシュグレーメタリック8(ダークグレー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像15: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    ダークグレー
  • 画像16: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    ブルー
  • 画像17: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    マットダークグレー
  • 画像18: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    ダークグレー
    36
    418
  • 画像19: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    ブルー
    29
    340
  • 画像20: ヤマハ新型「MT-09」国内モデル発売|2024年型はデザイン一新、装備をアップデート、ライポジは従来よりスポーティに!
    マットダークグレー
    35
    402

投票ありがとうございました。

ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの動画・写真

画像: 2024 Yamaha MT-09: Unleash your Darkness www.youtube.com

2024 Yamaha MT-09: Unleash your Darkness

www.youtube.com
画像: MT-09 ハンドリング www.youtube.com

MT-09 ハンドリング

www.youtube.com

ヤマハ「MT-09 ABS」2024年モデルの主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高2090×820×1145mm
ホイールベース1430mm
最低地上高140mm
シート高825mm
車両重量193kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量888cc
ボア×ストローク78.0×62.0mm
圧縮比11.5
最高出力88kW(120PS)/10000rpm
最大トルク93N・m(9.5kgf・m)/7000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24°40′
トレール量108mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17(58W)・180/55ZR17(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
燃料消費率 WMTCモード値21.1km/L(クラス3・サブクラス3-2)1名乗車時
製造国日本
メーカー希望小売価格125万4000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「MT-09 ABS」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.