ヤマハ発動機は2023年11月28日、「トリシティ300」のマイナーチェンジを発表した。12月15日に発売される。

ヤマハ新型「トリシティ300」の特徴

画像: YAMAHA TRICITY300 ABS 2024年モデル 総排気量:292cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:795mm 車両重量:237kg 発売日:2023年12月15日(金) 税込価格:104万5000円

YAMAHA TRICITY300 ABS
2024年モデル

総排気量:292cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:795mm
車両重量:237kg

発売日:2023年12月15日(金)
税込価格:104万5000円

カラバリ一新! エンジン性能はキープ

ヤマハ「トリシティ300」は、国内では2020年9月に販売開始された。ヤマハ独自のフロント二輪を採用するトリシティ・シリーズのトップモデルとなる。モデルチェンジは今回が初めてだ。

排気量292ccの水冷単気筒エンジンは、最高出力29PS・最大トルク3.0kgf-mという数値をキープしたまま、平成32年排出ガス規制に対応した。細かな部分では、もともと採用されていたスマートキーシステムに音叉ロゴのエンブレムが追加されたことも挙げられる。

カラーとグラフィックは一新されている。いずれも新色の「グレーイッシュブルー」「マットベージュ」「マットグレー」の3色をラインナップ。車両価格は改定され、税込104万5000円になった。

画像: ヤマハ新型「トリシティ300」の特徴

ヤマハ新型「トリシティ300」のカラーバリエーション

ダークグレーイッシュブルーソリッドB(グレーイッシュブルー)

マットイエローイッシュグレーソリッド1(マットベージュ)

マットグレーメタリック6(マットグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像13: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    グレーイッシュブルー
  • 画像14: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    マットベージュ
  • 画像15: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    マットグレー
  • 画像16: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    グレーイッシュブルー
    39
    219
  • 画像17: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    マットベージュ
    32
    181
  • 画像18: ヤマハ「トリシティ300」マイナーチェンジ! 新型は最高出力・最大トルク値をキープしたまま排ガス規制に対応、カラーも一新
    マットグレー
    29
    161

投票ありがとうございました。

ヤマハ新型「トリシティ300」の主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高2250×815×1470mm
ホイールベース1595mm
最低地上高130mm
シート高795mm
車両重量237kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量292cc
ボア×ストローク70.0×75.9mm
圧縮比10.9
最高出力21kW(29PS)/7250rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/5750rpm
燃料タンク容量13L
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角20°00′
トレール量68mm
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ(前・後)120/70-14M/C 55P・140/70-14M/C 62P
燃料消費率 WMTCモード値32.2km/L(クラス2・サブクラス2-2)1名乗車時
製造国タイ
メーカー希望小売価格104万5000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「トリシティ300」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.