ヤマハ「XSR700」の2023年モデルが1月12日に発表された。

ヤマハ「XSR700」2023年モデルの特徴

画像: YAMAHA XSR700 ABS 2023年モデル 総排気量:688cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:835mm 車両重量:188kg 発売日:2023年1月31日(火) 税込価格:100万1000円

YAMAHA XSR700 ABS
2023年モデル

総排気量:688cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:835mm
車両重量:188kg

発売日:2023年1月31日(火)
税込価格:100万1000円

ヤマハ「XSR700」は排気量688ccの並列2気筒エンジンを搭載するネオレトロロードスポーツ。初代モデルは2017年11月に登場した。2022年4月には初のモデルチェンジ。新たな排ガス規制に対応するのとともに、新タイヤを採用、フロントブレーキディスクを大径化。さらに灯火類のLED化を図るなどの仕様変更を受けた。同時にボディカラーも一新。

新たに発表された2023年モデルでは仕様変更やボディカラーの変更は行なわれず、価格を改定。従来の車両価格税込93万5000円から新価格税込100万1000円に設定された。

価格改定の理由に関し、ヤマハ発動機販売は、為替変動や各種原材料等の高騰に歯止めがかからない状況が続いており、経費削減、合理化に取り組んだものの、従来の価格を維持することが困難な状況となったと、公表している。

新価格となる2023年モデルは、2023年1月31日に発売予定。

ヤマハ「XSR700」2023年モデルのカラーバリエーション

ラジカルホワイト(ホワイト)

ブラックメタリックX(ブラック)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

画像9: ヤマハ「XSR700」は2023年モデルで価格改定|カラーバリエーションの変更はなく1月31日に発売

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像10: ヤマハ「XSR700」は2023年モデルで価格改定|カラーバリエーションの変更はなく1月31日に発売
    ホワイト
  • 画像11: ヤマハ「XSR700」は2023年モデルで価格改定|カラーバリエーションの変更はなく1月31日に発売
    ブラック
  • 画像12: ヤマハ「XSR700」は2023年モデルで価格改定|カラーバリエーションの変更はなく1月31日に発売
    ホワイト
    54
    258
  • 画像13: ヤマハ「XSR700」は2023年モデルで価格改定|カラーバリエーションの変更はなく1月31日に発売
    ブラック
    46
    221

投票ありがとうございました。

ヤマハ「XSR700」2023年モデルの主なスペック・価格

全長×全幅×全高2075×820×1130mm
ホイールベース1405mm
最低地上高140mm
シート高835mm
車両重量188kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量688cc
ボア×ストローク80.0×68.5mm
圧縮比11.5
最高出力54kW(73PS)/8750rpm
最大トルク67N・m(6.8kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
変速機形式6速リターン
キャスター角24゜30′
トレール量90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格100万1000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「XSR700」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.