スタイリッシュな「ネオスポーツカフェ」コンセプトのCB250Rがさらなる進化を遂げた。排出ガス規制対応に加え、足まわりや装備を一層充実。持ち前の軽快な走りに磨きをかけての登場だ。
まとめ:オートバイ編集部

ホンダ新型「CB250R」の特徴

画像: Honda CB250R 2022年モデル 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:795mm 車両重量:144kg 発売日:2022年7月21日 税込価格:56万4300円

Honda CB250R
2022年モデル

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:795mm
車両重量:144kg

発売日:2022年7月21日
税込価格:56万4300円

欲しかった装備を得て充実のアップデート!

「ネオ・スポーツ・カフェ」コンセプトで展開している新世代スポーツCBシリーズの中核モデル、CB250Rがモデルチェンジを受け、装備面がグレードアップされた。

今回のモデルチェンジは実用性と走行性能、装備の向上を図ったもので、平成32年排出ガス規制に対応し、環境性能を向上させつつ、アシスト&スリッパークラッチを導入。急激なシフトダウン時のリアのホッピングを防ぎ、安心感も高めている。

今回の目玉装備のひとつが、ショーワ製のSFF-BP倒立フォークの採用。兄貴分のCB650Rなどにも採用されている装備で、これにより路面追従性を大きく高めている。また、シリーズでこれまで唯一装備されていなかったギアポジションインジケーターをついに採用。欲しかった装備をまとめて採用した、待望の1台となっている。

ホンダ新型「CB250R」カラーバリエーション

ボディカラーは3色用意された。車両価格はいずれも税込56万4300円。

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    マットガンパウダーブラックメタリック
  • 画像2: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    マットパールアジャイルブルー
  • 画像3: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像4: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    マットガンパウダーブラックメタリック
    38
    576
  • 画像5: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    マットパールアジャイルブルー
    28
    432
  • 画像6: ホンダ新型「CB250R」を解説|モデルチェンジで足まわりと排気系が進化した円熟のネオスポーツカフェ(2022年)
    キャンディークロモスフィアレッド
    34
    524

投票ありがとうございました。

ホンダ新型「CB250R」各部装備・ディテール解説

画像: 基本フォルムは変わっていないが、新型はシャシーをブラックアウトしたダークカスタム調となり、マットカラーが2色登場。

基本フォルムは変わっていないが、新型はシャシーをブラックアウトしたダークカスタム調となり、マットカラーが2色登場。

画像: 平成32年排出ガス規制に対応。今回から待望のアイテムである、アシスト&スリッパークラッチも新たに採用された。

平成32年排出ガス規制に対応。今回から待望のアイテムである、アシスト&スリッパークラッチも新たに採用された。

画像: 排出ガス規制対応に合わせ、マフラーはサイレンサー形状を変更。今回から多角形型のスポーティなデザインとなった。

排出ガス規制対応に合わせ、マフラーはサイレンサー形状を変更。今回から多角形型のスポーティなデザインとなった。

画像: 靱性に優れた高張力鋼スチールフレームを採用、ピボットプレート部を独立させる事で後輪荷重を軽減し、軽快なハンドリングを実現。

靱性に優れた高張力鋼スチールフレームを採用、ピボットプレート部を独立させる事で後輪荷重を軽減し、軽快なハンドリングを実現。

画像: 今回からショーワ製SFF-BP倒立フロントフォークを採用し、足回りを大幅グレードアップ。前輪の路面追従性をさらに高めている。

今回からショーワ製SFF-BP倒立フロントフォークを採用し、足回りを大幅グレードアップ。前輪の路面追従性をさらに高めている。

画像: リアサスペンションは、ピストンバルブを大径化した分離加圧式のモノショックで、スイングアームは高張力鋼板製。

リアサスペンションは、ピストンバルブを大径化した分離加圧式のモノショックで、スイングアームは高張力鋼板製。

画像: 丸型ケースの中に納まるのは上下2段式のLEDヘッドライト。ライトケースやステーもブラックアウトされ、精悍な顔つきになった。

丸型ケースの中に納まるのは上下2段式のLEDヘッドライト。ライトケースやステーもブラックアウトされ、精悍な顔つきになった。

画像: シリーズで唯一装備されていなかったギアポジションインジケーターをついに採用。表示文字も大きく見やすいものだ。

シリーズで唯一装備されていなかったギアポジションインジケーターをついに採用。表示文字も大きく見やすいものだ。

ホンダ新型「CB250R」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2020×805×1045mm
ホイールベース1355mm
シート高795mm
車両重量144kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76×55mm
圧縮比10.7
最高出力20kW(27PS)/9500rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/7750rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量10L
キャスター角24°44′
トレール93mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17・150/60R17
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク
メーカー希望小売価格56万4300円(消費税10%込)

まとめ:オートバイ編集部

ホンダ「CB250R」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.