2022年6月13日、ホンダは大型二輪教習車「NC750L」を発表した。全国の自動車教習所を対象に7月21日に発売される。

ホンダ新型「NC750L」(教習車仕様)の特徴

画像: Honda NC750L 教習車仕様 総排気量:745cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒 シート高:793mm 発売日:2022年7月21日(木) 税込価格:110万円(AT仕様は121万円) ※写真はMT仕様

Honda NC750L

教習車仕様
総排気量:745cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
シート高:793mm

発売日:2022年7月21日(木)
税込価格:110万円(AT仕様は121万円)

※写真はMT仕様

大型二輪教習車「NC750L」がモデルチェンジ

ホンダはかねてからCB400SFCB125Fなど扱いやすくオーソドックスなライディングポジションの車種を教習車仕様として自動車教習所向けに販売してきた。

大型バイクでいえば、少し前まではCB750が定番で、お世話になったというライダーも多いはず。CB750の後に「NC750L」は登場。ベースとなっているのは市販車の「NC750X」となる。

今回発表された新型「NC750L」は、2021年2月にフルモデルチェンジした「NC750X」がベースとなる。これまでの教習車仕様モデルと同様に、バンパーや指導時に役立つランプ類を装備。またシート高をNC750Xよりも低く設定。極低速域での操作性や低中速域での扱いやすさを高めた仕様となっている。

画像: ▲NC750L(AT教習車仕様)のエンジンまわり

▲NC750L(AT教習車仕様)のエンジンまわり

AT仕様車は、ホンダの「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を採用したエンジンを搭載。近年では、レブル1100やNT1100、ゴールドウイングシリーズなどDCT採用モデルは増えており、教習所で学んだ操作がそのまま生かせることも多いだろう。

新型「NC750L」は、全国の自動車教習所を対象に2022年7月21日に発売される。車両価格は、MT仕様車が税込110万円・AT仕様車が121万円だ。

ホンダ新型「NC750L」(教習車仕様)の主なスペック・価格

※《 》内はAT仕様・〔 〕内はバンパーや表示ランプなど装着時の数値

全長×全幅×全高2205×845×1200mm
ホイールベース1530《1525》mm
最低地上高125mm
シート高793mm
車両重量218〔228〕《228〔237〕》kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量745cc
ボア×ストローク77×80mm
圧縮比10.7
最高出力27kW(37PS)/5500rpm
最大トルク57N・m(5.8kgf・m)/3500rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン《電子式6段変速 DCT》
キャスター角27゜
トレール量116mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格110万円《121万円》(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.