SUZUKI「GSX-S125 ABS」
税込価格:42万200円

画像: 全長×全幅×全高:2000×745×1035mm ホイールベース:1300mm シート高:785mm 車両重量:135kg ※写真カラーはトリトンブルーメタリック / タイタンブラック(BGY)

全長×全幅×全高:2000×745×1035mm
ホイールベース:1300mm
シート高:785mm
車両重量:135kg

※写真カラーはトリトンブルーメタリック / タイタンブラック(BGY)

アグレッシブなスタイルとスポーティな走りで人気のスズキのスポーツネイキッド、GSX-Sシリーズの末弟。本格スーパースポーツGSX-R125の基本メカニズムをベースに、アグレッシブなネイキッドスタイリングに仕上げたモデル。アップハンドル化などでポジション設定も変更して、気負わずライディングを楽しめるのも魅力のひとつ。

GSX-R125と同様に、2022年モデルは令和2年国内排出ガス規制に対応し、アンダーカウル形状とカラーグラフィックが変更される。カラーはタイタンブラックとトリトンブルーメタリックの2色だ。

2022年4月27日に販売開始を予定していたが延期が発表され、新たな発売日は未定となっている。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    トリトンブルーメタリック / タイタンブラック(BGY)
  • 画像2: スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    タイタンブラック(YVU)
  • 画像3: スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    トリトンブルーメタリック / タイタンブラック(BGY)
    54
    89
  • 画像4: スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
    タイタンブラック(YVU)
    46
    76

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:124cc
ボア×ストローク:62.0×41.2mm
圧縮比:11.0
最高出力:11kW(15PS)/10500rpm
最大トルク:11N・m(1.1kg-m)/8500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:11L
キャスター角:25°50'
トレール量:93mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:油圧式シングルディスク・油圧式シングルディスク
タイヤサイズ前・後:90/80-17M/C 46S・130/70-17M/C 62S

This article is a sponsored article by
''.