2022年5月25日、ヤマハ発動機が国内仕様の新型「XSR900」に関して詳細を発表しました。価格・発売日・スペックも明らかに!

ヤマハ新型「XSR900」の特徴

画像: YAMAHA XSR900 ABS 国内仕様・2022年モデル 総排気量:888cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:810mm 車両重量:193kg 発売日:2022年6月30日 税込価格:121万円

YAMAHA XSR900 ABS
国内仕様・2022年モデル

総排気量:888cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:810mm
車両重量:193kg

発売日:2022年6月30日
税込価格:121万円

新エンジン&フレーム搭載、スタイルも大幅に変更

ヤマハのスポーツヘリテージモデル「XSR900」は、2016年に初代モデルが登場。ネオクラシックなスタイルとともに、水冷DOHC4バルブの3気筒エンジンを搭載し、スポーティな乗り味も好評な一台です。

画像: 【参考】XSR900 (2020年モデル) www.autoby.jp

【参考】XSR900 (2020年モデル)

www.autoby.jp

新たに発表された2022年型は、フルモデルチェンジ。先行して欧州などで発売され、日本では3月~4月の大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2022で公開されて話題になりました。

画像1: ヤマハ新型「XSR900」の特徴

スタイリング面では、レトロさと新しさを融合させデザインを再構築。80年代のレーシングマシンが有する機能美にならい、足つきやニーグリップ時のフィット感を考慮した燃料タンクやサイドカバーなど、走行時も停車時もライダーと一体感のある形状に。

新開発されたLEDヘッドライトや、特徴的なバーエンドミラーなどと合わさり、一目で新型だと分かるアグレッシブなスタイルになりました。

画像2: ヤマハ新型「XSR900」の特徴

水冷3気筒エンジンの排気量は従来の845ccから888ccに拡大。ピストン、コンロッド、クランクシャフト、クランクケースなど、主要パーツを新設計し軽量に仕上がっているのも魅力。

また新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。レシオの最適化を図り1・2速をハイギアード化したトランスミッションを採用しています。

現代のバイクに欠かせない電子制御の根幹「IMU」も新たなものに。IMU自体の小型化・軽量化を図るとともに、ECUにはトラクションコントロールシステム、スライドコントロールシステム、リフトコントロールシステムが織り込まれています。各システムとも、介入レベル調整、およびON・OFF設定が可能。

さらにクルーズコントロールシステムや、ブレーキコントロールやシフトダウンにも対応するクイックシフターを標準装備。

画像3: ヤマハ新型「XSR900」の特徴

メインフレームは、軽量化と剛性の最適化を図った新たなものに。最低肉厚1.7mmを実現しながら、横剛性は従来比で約50%アップしたとのこと。このフレームは2021年に新型となったMT-09や、トレーサー9GTと同一仕様。リアフレームはXSR900のための専用設計です。

ホイールは新型MT-09でも採用された鋳造軽量ホイールをセット。従来比で前後計約700gの軽量化が図られています。

画像4: ヤマハ新型「XSR900」の特徴

メーターは、3.5インチのフルカラーTFT仕様。回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、シフトインジケーター 、ETCインジケーターの表示機能などを備えています。

画像5: ヤマハ新型「XSR900」の特徴

ヤマハ新型「XSR900」のカラーバリエーション・価格・発売日

ボディカラーは「ブルーメタリックC(ブルー)」と「ブラックメタリックX (ブラック)」の2色を設定。車両価格はいずれも税込121万円。発売日は2022年6月30日です。

なおこの新型XSR900は「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」として、YSPとアドバンスディーラーのみで販売されます。

ブルーメタリックC(ブルー)

ブラックメタリックX (ブラック)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: ヤマハ新型「XSR900」国内仕様発表! 2022年型はフルモデルチェンジ、排気量は888ccとなりスタイルも一新、発売日は6月30日
    ブルー
  • 画像10: ヤマハ新型「XSR900」国内仕様発表! 2022年型はフルモデルチェンジ、排気量は888ccとなりスタイルも一新、発売日は6月30日
    ブラック
  • 画像11: ヤマハ新型「XSR900」国内仕様発表! 2022年型はフルモデルチェンジ、排気量は888ccとなりスタイルも一新、発売日は6月30日
    ブルー
    50
    1421
  • 画像12: ヤマハ新型「XSR900」国内仕様発表! 2022年型はフルモデルチェンジ、排気量は888ccとなりスタイルも一新、発売日は6月30日
    ブラック
    50
    1430

投票ありがとうございました。

ヤマハ新型「XSR900」の公式動画

画像: 2022 Yamaha XSR900 - Legend Reborn www.youtube.com

2022 Yamaha XSR900 - Legend Reborn

www.youtube.com
画像: ヤマハ発動機 新型XSR900 デザイン開発思想 www.youtube.com

ヤマハ発動機 新型XSR900 デザイン開発思想

www.youtube.com

ヤマハ新型「XSR900」の主なスペック

全長×全幅×全高2155×790×1155mm
ホイールベース1495mm
最低地上高140mm
シート高810mm
車両重量193kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量888cc
ボア×ストローク78.0×62.0mm
圧縮比11.5
最高出力88kW(120PS)/10000rpm
最大トルク93N・m(9.5kgf・m)/7000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量108mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C (58W)・180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格121万円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.