ヤマハ「XSR700 ABS」の2022年モデルは2022年4月8日、発売! マイナーチェンジを遂げ、各部をブラッシュアップしている。ボディカラーにも注目だ。

ヤマハ新型「XSR700 ABS」の特徴

画像: YAMAHA XSR700 ABS 国内仕様・2022年モデル 総排気量:688cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:835mm 車両重量:188kg 発売日:2022年4月8日(金) 税込価格:93万5000円

YAMAHA XSR700 ABS
国内仕様・2022年モデル

総排気量:688cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:835mm
車両重量:188kg

発売日:2022年4月8日(金)
税込価格:93万5000円

「XSR700 ABS」は、ヤマハスポーツバイクの長い伝統を濃厚に感じさせるスポーツヘリテージモデル「XSR」シリーズのミドルバージョン。軽快で扱いやすいモダンなネイキッド「MT-07」をベースに、クラシカルなディテールが目立つ個性的なスタイリングを採用してレトロな雰囲気にイメージチェンジ。カジュアルにスポーティな走りを楽しめるモデルだ。

画像: ヤマハ新型「XSR700 ABS」の特徴

この2022年モデル、メカニズムの面では「MT-07」譲りの水冷並列ツインエンジンが平成32年排出ガス規制への適合果たしたことと、標準装着タイヤにミシュランのロード5が採用されたことと、フロントブレーキローター径がΦ282mmからΦ298mmに大径化されたことにより、スポーティな乗り味が磨かれたのが主な変更点。

さらにヘッドライト、ポジションランプ、フラッシャーランプは新たにLED化され、メーターもネガポジ反転液晶を使用した新型が装着されている。

そしてカラーリングは、往年のヤマハスポーツの名車である「RZ250」をイメージさせるグラフィックを取り入れた、精悍さにあふれるブラックメタリックXと、明るく軽快なラジカルホワイトの新色2タイプが用意されている。税込価格は両カラーともに93万5000円。

ヤマハ新型「XSR700 ABS」のカラーバリエーション

ラジカルホワイト(ホワイト)

ブラックメタリックX(ブラック)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像13: ヤマハ新型「XSR700」発売! マイナーチェンジで各部を熟成、名車RZをイメージさせるカラー&グラフィックを採用
    ホワイト
  • 画像14: ヤマハ新型「XSR700」発売! マイナーチェンジで各部を熟成、名車RZをイメージさせるカラー&グラフィックを採用
    ブラック
  • 画像15: ヤマハ新型「XSR700」発売! マイナーチェンジで各部を熟成、名車RZをイメージさせるカラー&グラフィックを採用
    ホワイト
    51
    1111
  • 画像16: ヤマハ新型「XSR700」発売! マイナーチェンジで各部を熟成、名車RZをイメージさせるカラー&グラフィックを採用
    ブラック
    49
    1049

投票ありがとうございました。

画像: 【欧州の公式動画】2022 Yamaha XSR700 - Born to Challenge www.youtube.com

【欧州の公式動画】2022 Yamaha XSR700 - Born to Challenge

www.youtube.com

ヤマハ新型「XSR700 ABS」の主なスペック

全長×全幅×全高2075×820×1130mm
ホイールベース1405mm
最低地上高140mm
シート高835mm
車両重量188kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量688cc
ボア×ストローク80.0×68.5mm
圧縮比11.5
最高出力54kW(73PS)/8750rpm
最大トルク67N・m(6.8kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量13L
変速機形式6速リターン
キャスター角24゜30′
トレール量90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格93万5000円(消費税10%込)

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.