ハーレーダビッドソン・ジャパンは2022年4月13日に、新型車「NIGHTSTER(ナイトスター)」を公開した。空冷スポーツスター・シリーズの後継モデルという見方もあるこのニューモデルを詳しく解説しよう。
文:河野正士/写真:松川 忍

ハーレーダビッドソン「ナイトスター」特徴

画像: Harley-Davidson Nightster 総排気量:975cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:705mm 車両重量:221kg 発売日:2022年4月13日 税込価格:188万8700円~191万9500円

Harley-Davidson Nightster

総排気量:975cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:705mm
車両重量:221kg

発売日:2022年4月13日
税込価格:188万8700円~191万9500円

誰もが待っていた新世代スポーツスター

これこそが、スポーツスターの真の継承者だ。ハーレーダビッドソン(以下H-D)の新型車「ナイトスター」は、フロント19インチ/リア16インチのホイールサイズ、ピーナッツタンク(実際にはエアクリーナーカバーとなったが)、リア2本サスペンションというスポーツスターを象徴するディテールを採用。

くわえて、可変バルブタイミング機構を搭載した、新世代H-Dを象徴する水冷Vツインエンジン/レボリューションマックス975Tを搭載。先に発売したスポーツスターSパンアメリカ1250から排気量こそ小さくなったが、その先進性は変わらず、かつスポーツスターらしさを強めている。

この発表をもってH-Dは、2018年に公開した、2022年までの中長期経営戦略「MoreRoad」に組み込まれた新世代H-Dモデルの市場投入プランを終えたことになる。この中長期経営戦略は何度か修正が加えられているが、その根幹であるパンアメリカとスポーツスターSをすでに市場投入し、その新世代H-Dは市場の反応/セールスともに好調である。そして登場した「ナイトスター」は、その経営戦略の真打ち的存在だ。日本市場の反応が楽しみである。

画像: ハーレーダビッドソン「ナイトスター」特徴

スポーツスター的スタイルに合わせディメンションを変更

「ナイトスター」は、その基本骨格を先にH-Dが発売した「スポーツスターS」と共有している。ボアストロークを変更し、排気量1250ccから975ccへと縮小しているが、可変バルブタイミング機構付き挟角60度のDOHC水冷V型2気筒エンジンサイズはほぼ同じ。そのエンジンをフレームのメインメンバーとし、そのシリンダーからステアリングヘッドを持つフロントフレームや、リアサスペンションを支えるリアセクションを配置している。

大きく異なるのはフロントのホールサイズとそれを支えるサスペンション、そしてリアのサスペンション方式だ。フロントは19インチホイールを装着し、トップブリッジとアンダーブラケットのオフセット量を変え、トレール量を減らしている。リアはスイングアーム形状と長さを変更、2本ショックとしている。スイングアーム長を伸ばしてホイールベースが伸び、安定指向が強くなっているところに、すこしクイックなハンドリングを与えてバランスを取っている、と想像する。車重はスポーツスターSより7kgも軽い。

ハーレーダビッドソン「ナイトスター」カラーバリエーション

画像: ビビッドブラック

ビビッドブラック

画像: ガンシップグレー

ガンシップグレー

画像: レッドラインレッド

レッドラインレッド

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    ビビッドブラック
  • 画像2: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    ガンシップグレー
  • 画像3: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    レッドラインレッド
  • 画像4: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    ビビッドブラック
    34
    185
  • 画像5: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    ガンシップグレー
    25
    134
  • 画像6: ハーレーダビッドソン新型「ナイトスター」を徹底解説|H-Dの歴史を感じさせる王道スタイル、カスタムも大いに楽しめる!
    レッドラインレッド
    41
    224

投票ありがとうございました。

ハーレーダビッドソン「ナイトスター」ライディングポジション・足つき性

シート高:705mm
ライダーの身長・体重:186cm・81kg

画像: ハーレーダビッドソン「ナイトスター」ライディングポジション・足つき性

ナイトスターのシート高は705mm。新型スポーツスターSはシート高765mm。またシート高が低いことで知られる、OHVエンジン搭載の旧スポーツスター・フォーティエイトもシート高710mmであることから、その低さがよく分かる。サイドスタンドから車体を起こしたときの軽さも素晴らしい。

This article is a sponsored article by
''.