2022年5月25日、ヤマハ発動機が「MT-25 ABS」の2022年モデルを発売しました。

ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデルの特徴

画像: YAMAHA MT-25 ABS 国内仕様・2022年モデル 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:780mm 車両重量:167kg 発売日:2022年5月25日 税込価格:63万2500円

YAMAHA MT-25 ABS
国内仕様・2022年モデル

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:780mm
車両重量:167kg

発売日:2022年5月25日
税込価格:63万2500円

250ccネイキッドのロングセラーモデルがマイナーチェンジ

ヤマハ「MT-25」(エムティー ツーファイブ)は2015年に初代モデルが登場。スポーティかつ扱いやすい250ccネイキッドとして、ロングセラーとなっています。従来モデルは2020年にモデルチェンジし、スタイリングを一新。同時に倒立フォークが採用されるなど走行性能にも磨きをかけています。

2022年モデルでは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合。さらにアンダーカウルの形状を変更。また、MT-25シリーズでは初めて「クイックシフター」がオプションとして用意されました。

画像: ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデルの特徴

ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデルのカラー・価格・発売日

2022年モデルのカラーバリエーションは計3色。いずれもカラー名称に変更はないものの、グラフィックや配色が変わった新色となります。

車両価格は2021年モデルから1万1000円アップの税込63万2500円。発売日は2022年5月25日です。

パステルダークグレー(グレー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

画像13: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像14: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    グレー
  • 画像15: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    ブルー
  • 画像16: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    マットダークグレー
  • 画像17: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    グレー
    37
    720
  • 画像18: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    ブルー
    35
    672
  • 画像19: 【2022年モデル】ヤマハ新型「MT-25」発売! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応、クイックシフターを新たにオプションで用意
    マットダークグレー
    28
    551

投票ありがとうございました。

ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2090×755×1070mm
ホイールベース1380mm
最低地上高160mm
シート高780mm
車両重量167kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク60.0×44.1mm
圧縮比11.6
最高出力26kW(35PS)/12000rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/10000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量95mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-17M/C(54S)・140/70-17M/C(66S)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
製造国インドネシア
メーカー希望小売価格63万2500円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.