台湾の二輪メーカー・キムコが、ライディングの楽しさを追求して開発した新型の軽二輪スクーター「Kymco-KRV180TCS」。キムコジャパンによって日本でも5月下旬から発売される。

キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

画像: KYMCO Kymco-KRV180TCS 総排気量:175.1cc エンジン型式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:795mm 車両重量:143kg 税込価格:52万8000円 発売予定時期:2022年5月下旬

KYMCO Kymco-KRV180TCS

総排気量:175.1cc
エンジン型式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:795mm
車両重量:143kg

税込価格:52万8000円
発売予定時期:2022年5月下旬

独立スイングアーム、理想的な重量配分、パワフルでスムーズな新型エンジン…先進的スポーツスクーターが誕生!

キムコ「Kymco-KRV180TCS」は、従来のスクーターの常識にとらわれず、ふんだんに取り入れられた新しいメカニズムによって、スポーティな走りを実現した意欲的な1台。

画像1: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

中でも注目は、スクーターでは一般的なエンジンと駆動系、スイングアームを一体にしたユニットスイング構造ではなく、キムコのフラッグシップモデル「AK550」と同じく、独立したスイングアームを採用するPTM構造であること。エンジンとミッションは通常のオートバイのように車体側にマウントされ、ユニットスイングよりもバネ下重量は大きく軽減。前後重量配分も約50:50を実現する。

画像2: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

新設計のエンジンは排気量175cc、OHC4バルブヘッドを備えた水冷単気筒。高い燃焼効率を実現し最高出力は17.03PSで、8.4kg/PSというパワーウェイトレシオで優れた動力性能を支えている。サイズもコンパクトだが、2本のバランスシャフトを内蔵することで振動を抑え、スムーズで快適な乗り心地にも貢献。

画像3: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

リアホイールの空転を感知すると、ECUによってエンジンの点火時期や燃料噴射量を制御して空転を抑える、TCS・トラクションコントロールシステムも搭載。

画像4: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

ブレーキはもちろん前後ディスク&ABSで、TCSと共に安全なライディングをサポートする。ホイール径は前後13インチを採用。

画像5: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

優れた前後重量配分、バネ下重量の軽減に加え、新しいリアサスペンション・K.S.Sも採用したこともあって、安定感の高い人車一体感覚の優れたハンドリングを実現し、市街地からワインディングまで、俊敏かつ安定した走りが可能に。最大バンク角は44度、スクーターとしては深い値だ。

画像6: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

「Kymco-KRV180TCS」のスタイリングは、デュアルLEDヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトを組み合わせた、アグレッシブなイメージのフロントマスクが目を惹く。

画像7: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

テールエンドまで続くシャープなイメージのボディラインや、短く切り詰められて軽快なリア周りのデザイン、スポーツバイクのようなサイレンサーも印象的。LEDウインカーにはシーケンシャルタイプが採用された。

画像8: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

ポジション設定はシチュエーションに応じて、足を前方に投げ出すスタイルと、膝を折って乗るスタイルを使い分けられるようにデザイン。シートは人間工学に基づいた形状と、最適な特性のクッションによって、タンデムでも非常に快適だ。

画像9: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

スポーツスクーターである「Kymco-KRV180TCS」だが、シートの下には容量25Lという大きなサイズの収納スペースも用意。光センサー連動のLED照明も備え、夜間でも使いやすく利便性も抜群。

画像10: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

大きなデジタル速度計を中心に、バーグラフ表示の回転計、燃料計などを表示する視認性に優れた液晶メーター。各種インジケーター類はメーター下に集中配置される。

画像11: キムコ「Kymco-KRV180TCS」の特徴

一番左は折りたたみ式の荷掛けフック。中央に見えるのはイグニッションや給油口開閉などの操作などを行うスイッチ。右側には5V電源を給電するUSBポートが2つあり、1つはQC3.0規格対応で最新の器機に対応。スマートキーシステムなのでキーホールは備えない。手前は開放式のグローブボックス。

キムコ「Kymco-KRV180TCS」の価格・発売時期・カラーバリエーション

「Kymco-KRV180TCS」のボディカラーは、ディープアクアマリン、ブラック、フラットシルバー、フラットパープルの4タイプを設定。税込価格は52万8000円とされている。日本では2022年5月下旬に発売予定だ。

画像: ディープアクアマリン

ディープアクアマリン

画像: ブラック

ブラック

画像: フラットシルバー

フラットシルバー

画像: フラットパープル

フラットパープル

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    ディープアクアマリン
  • 画像3: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    ブラック
  • 画像4: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    フラットシルバー
  • 画像5: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    フラットパープル
  • 画像6: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    ディープアクアマリン
    30
    353
  • 画像7: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    ブラック
    14
    163
  • 画像8: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    フラットシルバー
    26
    311
  • 画像9: キムコの新型スポーツスクーター「Kymco-KRV180TCS」日本での発売決定! 走行性能を追求しながら便利な装備も多数搭載
    フラットパープル
    31
    364

投票ありがとうございました。

キムコ「Kymco-KRV180TCS」の主なスペック

全長×全幅×全高1960×755×1115mm
ホイールベース1400mm
シート高795mm
車両重量143kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量175.1cc
ボア×ストローク62×58mm
圧縮比11.2
最高出力12.5kW/8000rpm
最大トルク15.48Nm/6500rpm
変速機形式CVT
燃料タンク容量7.2L
タイヤサイズ(前・後)110/70-13・130/70-13
ブレーキ形式(前・後)φ270mmディスク・φ234mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.