125ccクラスでは非常に貴重な本格スポーツ・GSX-R125 ABSとGSX-S125 ABSがモデルチェンジ。新排出ガス規制に対応しつつ、新しいカラーグラフィックをまとって登場する。発売前の実車で詳細を見てみよう。
文:小松信夫、オートバイ編集部/写真:鶴身 健、南 孝幸

スズキ「GSX-R125 ABS」「GSX-S125 ABS」の特徴

画像: スズキ「GSX-R125 ABS」「GSX-S125 ABS」の特徴

クラス最強パワーを誇る俊足スポーツモデル!

現在国内向け唯一の125ccスーパースポーツであるスズキGSX-R125と、そのスーパーネイキッド版のGSX-S125がモデルチェンジする。

スーパースポーツ・GSX-Rシリーズの最小排気量モデルであるGSX-R125は、高回転型で活発な最高出力15PSのDOHC4バルブ水冷単気筒エンジン、軽量でコンパクト、非常にスリムなボディと、レーシーなデザインのフルカウルで、GSX-Rの名に恥ない軽快でスポーティな走りを味わえる。そして定番スーパーネイキッド・GSX-Sシリーズのスタイルで変身したGSX-S125とともに、本格125スポーツとして人気を集めてきた。

新型の大きなポイントは、両モデルの魅力的な走りを支えるエンジンが、最新の平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応したこと。最高出力、最大トルクの値自体は変わっていないが、出力もトルクも発生回転数が500rpm高くなった。ルックスの面ではアンダーカウルの形状が従来モデルから変更されたのに加えて、それぞれボディカラーのグラフィックが変更されている。

スズキ「GSX-R125 ABS」2022年モデルでの変更点

画像: SUZUKI GSX-R125 ABS 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:785mm 車両重量:137kg 発売日:2022年5月11日 ※2022年4月26日にスズキが発売延期を発表しました。 税込価格:45万3200円

SUZUKI GSX-R125 ABS

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:785mm
車両重量:137kg

発売日:2022年5月11日 ※2022年4月26日にスズキが発売延期を発表しました。
税込価格:45万3200円

クラス随一のスーパースポーツ

日本では2018年に発売されて以来、パワフルなエンジンやGSX-Rらしいフルカウル、低く構えたポジションが特徴で125ccスポーツの定番としてすっかり定着。メカニズムやスタイリングを従来モデルから受け継ぎつつ、排出ガス規制に対応するためにモデルチェンジ。従来より車重が3kg増加。

カラーバリエーション(3タイプ)

各部装備・ディテール解説

画像: 最新の排出ガス規制に対応するために改良を受けたエンジン。従来モデルからアンダーカウルの形状が小変更されている。

最新の排出ガス規制に対応するために改良を受けたエンジン。従来モデルからアンダーカウルの形状が小変更されている。

画像: 2つの排気口の直径が異なるデュアルテールエンドマフラー。リアサスペンションには、本格的なリンク式を採用。

2つの排気口の直径が異なるデュアルテールエンドマフラー。リアサスペンションには、本格的なリンク式を採用。

画像: マスの集中化を図るためのスリムで軽快な造りのテール周りに、コンパクトなLEDテールランプを装備する。

マスの集中化を図るためのスリムで軽快な造りのテール周りに、コンパクトなLEDテールランプを装備する。

スズキ「GSX-S125 ABS」2022年モデルでの変更点

画像: SUZUKI GSX-S125 ABS 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:785mm 車両重量:135kg 発売日:2022年4月27日 ※2022年4月26日にスズキが発売延期を発表しました。 税込価格:42万200円

SUZUKI GSX-S125 ABS

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:785mm
車両重量:135kg

発売日:2022年4月27日 ※2022年4月26日にスズキが発売延期を発表しました。
税込価格:42万200円

スパルタンな俊足ネイキッド

GSX-R125譲りのメカニズムに、スパルタンなネイキッドスタイルと、アップハンドルで実現された自由度の高いポジション設定を与え、街中で俊敏な走りを楽しめる兄弟モデル。モデルチェンジでGSX-R同様に最新の排出ガス規制に対応。こちらも車重が従来より2kg重くなった。

カラーバリエーション(2タイプ)

各部装備・ディテール解説

画像: ネイキッドであるGSX-S125は、DOHCなどのエンジンのメカニズムが良くわかる。こちらもアンダーカウルの形状が新しくなった。

ネイキッドであるGSX-S125は、DOHCなどのエンジンのメカニズムが良くわかる。こちらもアンダーカウルの形状が新しくなった。

画像: コンパクトで多機能なフル液晶メーター。右側には任意の回転数で点灯・点滅するRPMインジケーターも装備している。

コンパクトで多機能なフル液晶メーター。右側には任意の回転数で点灯・点滅するRPMインジケーターも装備している。

画像: テールカウル周りのデザインはGSX-Rと共通。ただしカラーリングとグラフィックが違うので印象が大きく異なる。

テールカウル周りのデザインはGSX-Rと共通。ただしカラーリングとグラフィックが違うので印象が大きく異なる。

スズキ「GSX-R125 ABS」「GSX-S125 ABS」主なスペック・価格

※《》はGSX-S125 ABS

全長×全幅×全高2000×700《745》×1070《1035》mm
ホイールベース1300mm
最低地上高160mm
シート高785mm
車両重量137kg《135kg》
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク62.0×41.2mm
圧縮比11.0
最高出力11kW(15PS)/10500rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/8500rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°50’
トレール量93mm
タイヤサイズ(前・後)90/80-17M/C 46S・130/70-17M/C 62S
ブレーキ形式(前・後)Φ290mmシングルディスク・Φ187mmシングルディスク
メーカー希望小売価格45万3200円《42万200円》(消費税10%込)

文:小松信夫、オートバイ編集部/写真:鶴身 健、南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.