欧州でポピュラーなスクーターは、フロントに大径のホイールを採用した「ハイホイール」タイプのモデル。ホンダのディオ110は、そんなハイホイールスタイルを採用したモデルで、安定感の高い走りと手頃な価格が魅力。その実力を試乗チェックしてみよう。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ホンダ「Dio110」インプレ(太田安治)

画像: Honda Dio110 総排気量:109cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:760mm 車両重量:96kg 税込価格:24万2000円/24万5300円(ブルー、ブラック) 発売日:2021年2月25日

Honda Dio110

総排気量:109cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:760mm
車両重量:96kg

税込価格:24万2000円/24万5300円(ブルー、ブラック)
発売日:2021年2月25日

ジェントルな乗り味が毎日使いにありがたい

安定性に優れる前後14インチホイール採用の車体に、扱いやすと静粛性、クリーンさを重視した4スト107ccエンジンを組み合わせて2011年に登場したのがディオ110。2015年に108ccエンジンの2代目となり、2017年に排ガス規制対応のためマイナーチェンジ。そして2021年にエンジン、車体ともにフルモデルチェンジされたのが現行モデルだ。

1980年~90年代の2スト50ccディオは俊足で人気を博したが、現代のディオは同じ車名に違和感を覚えるほどジェントルなキャラクター。アイドリングから僅かにスロットルを開くとスルスルと動き出し、全開加速では60km/h程度まで一定の加速感で速度を乗せていき、公道ではNGだが100km/h近くまで穏やかに伸びる。しかもどの速度域でも振動が少なく、排気音も静かでストレスを感じない。

画像1: ホンダ「Dio110」インプレ(太田安治)

特筆すべきはスロットルのオン/オフによる車体姿勢の変化はないに等しく、停止直前まで繋がっている遠心クラッチが自然なエンジンブレーキ効果を発揮するので渋滞路のような低速域で速度調整がしやすいこと。トルク変動の穏やかなエンジン特性と、遠心クラッチ/オートマチックミッションが巧みに設定されていることを実感する。

この優しい感覚は動力性能だけではなく、走行中の特性も同じ。前後14インチタイヤで荒れた路面でも安定性を失わず、ソフトなサスペンションと剛性バランスを一新した新設計プレスフレームが路面からの衝撃を車体全体で吸収する。結果、乗り心地もハンドリングも優しく、不慣れなライダーでも安心して乗れる特性に仕上がっている。

画像2: ホンダ「Dio110」インプレ(太田安治)

実用スクーターらしさを感じるのがフラットなフロアボードと前後に長いシート。フラットフロアは乗り降りの際に脚を跳ね上げずに済むし、荷物の一時置き場にも使えるのが便利。着座位置の自由度が大きいシートはライダーの体格を問わず、タンデムライディングでも窮屈さがない。派手なアピールポイントとはならないが、誰もが日常ユースで気付かない間に恩恵を受ける部分だと思う。

車両価格は24万円台と安いが、スマートキーやふた付きフロントインナーボックスを採用するなど装備面は着実に進化している。欲を言えば灯火類のLED化とトリップメーター、電源ソケットが欲しいが、この価格なら納得、というのが正直なところ。通勤通学、近所への買い物など、移動の足が欲しい人には最適のスクーターだ。

ホンダ「Dio110」カラーバリエーション

カラーバリエーションは4色の設定。ホワイトとシルバーは税込価格24万2000円。ブルーとブラックは税込価格24万5300円。

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

画像1: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    マットスターリーブルーメタリック
  • 画像3: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    マットギャラクシー
    ブラックメタリック
  • 画像4: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    パールジャスミンホワイト
  • 画像5: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    ディセントシルバーメタリック
  • 画像6: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    マットスターリーブルーメタリック
    33
    250
  • 画像7: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    マットギャラクシー
    ブラックメタリック
    17
    127
  • 画像8: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    パールジャスミンホワイト
    24
    184
  • 画像9: ホンダ「Dio110」インプレ(2022年)フルモデルチェンジで魅力アップ! 安定感と実用性の高さが自慢のハイホイールスクーター
    ディセントシルバーメタリック
    26
    199

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.