ヤマハ発動機は2022年4月12日、排気量688ccのネイキッドスポーツ「MT-07 ABS」の2022年モデルを発表した。

ヤマハ「MT-07 ABS」2022年モデルの特徴

画像: YAMAHA MT-07 国内仕様・2022年モデル 総排気量:688cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:805mm 車両重量:184kg 税込価格:81万4000円 発売日:2022年5月25日

YAMAHA MT-07
国内仕様・2022年モデル

総排気量:688cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:805mm
車両重量:184kg

税込価格:81万4000円
発売日:2022年5月25日

「MT-07 ABS」は、近年のヤマハが広く取り入れているクロスプレーン・コンセプトに基づいて開発された、270 度クランクを採用する688cc水冷並列2気筒エンジンをコンパクトなボディに搭載。

そんなエンジンと車体の組み合わせで実現された扱いやすく俊敏な走りに加え、ストリートで映えるスポーティで機能的なデザイン、そして優れたコストパフォーマンスを兼ね備えることで、用途やシーンを選ばず、幅広い層のライダーが楽しめるモデルとして根強い人気となっている。

今回発表された2022年モデルの「MT-07 ABS」は、メカニズムやスタイリングに関しては定評のあった2021年モデルのものを受け継いでいて、諸元についても変更はない。

ヤマハ「MT-07 ABS」2022年モデルのカラー・価格・発売日

変更点はカラーリングとグラフィック。最新のトレンドを取り入れたMTシリーズを象徴するモダンなデザインであるグレー、フラッグシップスーパースポーツの「YZF-R1」を連想させ、高いパフォーマンスを感じさせるブルー、シンプルでシリアスなイメージを表現したマットダークグレーの3タイプが揃う。

発売日は2022年5月25日の予定で、税込価格は81万4000円とされている。

画像: パステルダークグレー(グレー)

パステルダークグレー(グレー)

画像: ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

画像: マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    グレー
  • 画像2: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    ブルー
  • 画像3: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    マットダークグレー
  • 画像4: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    グレー
    40
    251
  • 画像5: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    ブルー
    35
    218
  • 画像6: ヤマハ「MT-07」2022年モデル登場! カラーリングとグラフィックを変更し5月25日に発売
    マットダークグレー
    25
    155

投票ありがとうございました。

ヤマハ「MT-07 ABS」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2085×780×1105mm
ホイールベース1400mm
シート高805mm
キャスター角24.5°
トレール90mm
車両重量184kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量688cc
ボア×ストローク80×68.5mm
圧縮比11.5
最高出力73PS/8750rpm
最大トルク6.8kg・m/6500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量13L
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.