GSX-Sシリーズに新たに加わった本格スポーツツアラー・GSX-S1000GTが2022年2月に発売された。スズキ自慢のスポーツネイキッド・GSX-S1000をベースに仕立てた俊足オールラウンドツアラーの気になる詳細を、初撮り写真とともに見ていこう!
文:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

スズキ「GSX-S1000GT」解説

画像: SUZUKI GSX-S1000GT 国内仕様・2022年モデル 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:810mm 車両重量:226kg 発売日:2022年2月17日 税込価格:159万5000円

SUZUKI GSX-S1000GT
国内仕様・2022年モデル

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:810mm
車両重量:226kg

発売日:2022年2月17日
税込価格:159万5000円

GSX−S1000の俊敏さに高いツアラー適性をプラス

俊敏で豪快な高性能ネイキッドとして世界中のライダーに愛されてきたGSX-S1000が、2021年に初めてモデルチェンジ。そんな新型GSX-S1000をベースに、新世代スポーツツアラーとして登場したのがGSX-S1000GTだ。

GSX-S1000をルーツに持つ強力なエンジン、高剛性アルミフレームなどの基本メカニズムと、最新スペックの電子制御デバイスは「GSX-S1000」から受け継がれる。GTは長距離の高速走行でライダーの疲労を軽減する機能性とシャープなイメージを兼ね備えたフルカウルをはじめ、多機能な液晶メーターといった装備類、快適なポジション設定、タンデムや積載性に配慮したシート周り、振動の影響を抑えるハンドルマウントやラバー付きステップなど、全身にツアラー適性を高める造り込みを施すことで、「グランドツアラー」という車名通りの高いトータルバランスを実現している。

スズキ「GSX-S1000GT」カラーバリエーション

ボディカラーは3色の設定。色味の異なるブルー系を2色用意しているのが珍しい。車両価格はいずれも税込159万5000円となる。

画像: カラー:トリトンブルーメタリック

カラー:トリトンブルーメタリック

画像: カラー:リフレクティブブルーメタリック

カラー:リフレクティブブルーメタリック

画像: カラー:グラススパークルブラック

カラー:グラススパークルブラック

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    トリトンブルーメタリック
  • 画像2: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    リフレクティブブルーメタリック
  • 画像3: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    グラススパークルブラック
  • 画像4: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    トリトンブルーメタリック
    30
    294
  • 画像5: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    リフレクティブブルーメタリック
    56
    546
  • 画像6: スズキ「GSX-S1000GT」初撮りレポート|多機能メーターにはマップ表示機能も搭載! 最新グランドツアラーの装備がすごかった
    グラススパークルブラック
    13
    127

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.