2022年4月28日に発売されるコンパクトなミドルロードスター、カワサキ「Z650RS」。スタンダードモデルと同時に、Zブランド50周年記念車も販売開始予定だ。今回、実車に触れることができたので、足つき性や各部装備を細かくチェックしていく。
文:オートバイ編集部/写真:赤松 孝

カワサキ「Z650RS 50th Anniversary」解説

画像: Kawasaki Z650RS 50th Anniversary 総排気量:649cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:800mm 車両重量:190kg 税込価格:110万円 発売日:2022年4月28日(木)

Kawasaki Z650RS 50th Anniversary

総排気量:649cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:800mm
車両重量:190kg

税込価格:110万円
発売日:2022年4月28日(木)

Z1のDNAを受け継ぐ注目のミドルRSが登場

2021年登場したZ650RSは、Z900RSの流れを汲む、Z1をオマージュした流麗なボディに、Z650の並列2気筒エンジンを積んだレトロスポーツ。1970年代に「ザッパー」の愛称で人気を博したミドルスポーツ・Z650の再来と言えるモデルだ。

そんなZ650RSの国内発売がいよいよ4月に決定したが、スタンダードと時を同じくして、Zシリーズ50周年を記念した「50th Anniversary」も用意される。

この「Z650RS 50th Anniversary」は、特別な工程で塗られたファイヤーボールカラー、ゴールド仕上げの前後ホイールをはじめ、上質なシートやグラブバー、往年のZ1のバッジを模したデザインの専用エンブレムなど、特別装備を満載。車格もコンパクトなので気軽に楽しめ、歴史あるZのDNAを体感できる1台だ。

画像: カワサキ「Z650RS 50th Anniversary」解説

カワサキ「Z650RS」シリーズのカラーバリエーション

Z650RS50thアニバーサリーと同時に発売されるスタンダードモデルは2色展開。スタンダードはグラブバーなどが備わっていないこともあり、税込価格は101万2000円と50thアニバーサリーより8万8000円安い。

50th Anniversary(キャンディダイヤモンドブラウン)

画像1: カワサキ「Z650RS」シリーズのカラーバリエーション

キャンディエメラルドグリーン

画像2: カワサキ「Z650RS」シリーズのカラーバリエーション

メタリックムーンダストグレー×エボニー

画像3: カワサキ「Z650RS」シリーズのカラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    50thアニバーサリー
  • 画像2: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    キャンディエメラルドグリーン
  • 画像3: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    メタリックムーンダストグレー×エボニー
  • 画像4: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    50thアニバーサリー
    51
    529
  • 画像5: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    キャンディエメラルドグリーン
    31
    319
  • 画像6: 特徴は火の玉カラーだけではない? カワサキ「Z650RS 50thアニバーサリー」の足つき性と各部装備をチェック!
    メタリックムーンダストグレー×エボニー
    18
    190

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.