ピアッジオグループジャパンは2022年2月18日、ツーリングを快適にこなせるのと同時に、過酷なオフロード走行にも対応可能なように開発された、新型アドベンチャーツアラー「トゥアレグ660」を発売した。

アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

画像: aprilia TUAREG 660 総排気量:659cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:860mm 車両重量:204kg 発売日:2022年2月18日(金) 出荷開始時期:2022年6月頃 税込価格 スタンダードグラフィック:154万円 プレミアムグラフィック:156万2000円

aprilia TUAREG 660

総排気量:659cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:860mm
車両重量:204kg

発売日:2022年2月18日(金)
出荷開始時期:2022年6月頃
税込価格
スタンダードグラフィック:154万円
プレミアムグラフィック:156万2000円

エンデューロとアドベンチャーを最新技術で融合

「トゥアレグ660」は、ロングツーリングでの快適さとファンなライディング感覚を備えながら、ハードなオフロード走行にも対応できるオールパーパスモデルとして開発された。その車名はサハラ砂漠に住む遊牧民の名にちなんでいて、1985年にデビューしたアプリリアのオフロードモデルの名を復活させたもの。

開発の基礎になっているのは、アプリリアの最新ミドルスーパースポーツとして2021年にデビューした「RS660」やネイキッド版の「トゥオーノ660」と同じ、アプリリアの新世代プラットフォームだ。

画像1: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

そのプラットフォームの中核となるのは、アプリリアのフラッグシップ・スーパースポーツの「RSV4」の技術を活かした、コンパクトでパワフルな660cc並列2気筒エンジン。もちろん「RS660」そのままではなく、オフロード走行に合わせたパワー特性に仕立て直されている。最高出力80HPと極めてパワフルでありながら、トルクも増大していてフレキシブルさもプラス。

画像2: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

車体はオフロード走行に対応するためにトゥアレグ専用のスチール製パイプフレームを開発。ホイールサイズもフロント21インチ・リア18インチで、前後とも240mmというストロークの長いサスペンションを組み合わせる。187kgと軽量な仕上がりもあって、エンデューロマシンに匹敵するポテンシャルを実現している。

画像3: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

MotoGPなどで磨かれてきた高度な電子制御デバイスも、オフロードモードを含んだライディングモードや、トラクションコントロール、さらに高速道路での移動を快適にするクルーズコントロールまで、多様な電子制御デバイスを統合してコントロールするアプリリア独自のシステム・APRC、その最新スペックが搭載されている。

画像4: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

「トゥアレグ660」のスタイリングは、エンデューロとアドベンチャーをバランスよく融合させたもの。同時にコンパクト化、軽量化も追求するために、各部を徹底してシンプルにするという方針でデザインされている。

画像5: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

加えて、「RS660」にも採用されていた、空力特性を大きく改善するダブルフェアリングも採用された。どこを取っても簡潔で機能的、そして個性あふれるスポーティさが表現されている。

画像6: アプリリア「トゥアレグ660」の特徴

単にデザイン的に優れているだけでなく、アドベンチャーツアラーに求められる高いレベルでの機能性、快適性も重視。大容量タンクと自然なポジション設定を両立しているのをはじめ、長時間走行でも快適で、足着き性が良好でタンデムもしやすいシート、パニアケースの装着を前提にしたリア周りなど、各部の造りは人間工学に基づいたものだ。

画像: ▲オプション装着イメージ

▲オプション装着イメージ

アプリリア「トゥアレグ660」カラーバリエーション・価格

国内モデルの「トゥアレグ660」で用意されるボディカラーは、スタンダードグラフィックがマーシャンレッド、アシッドゴールド。プレミアムグラフィックは、1988年の「トゥアレグ・ウインド600」を再現したインディゴタゲルマストという、全3タイプ。

税込価格はスタンダードグラフィックが154万円、プレミアムグラフィックは156万2000円という設定だ。

マーシャンレッド

アシッドゴールド

インディゴタゲルマスト(プレミアムグラフィック)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像20: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    マーシャンレッド
  • 画像21: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    アシッドゴールド
  • 画像22: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    インディゴタゲルマスト|プレミアムグラフィック
  • 画像23: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    マーシャンレッド
    21
    42
  • 画像24: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    アシッドゴールド
    20
    40
  • 画像25: アプリリア「トゥアレグ660」発売! スタイリッシュで機能的、オフロードもOKのミドルアドベンチャー【2022速報】
    インディゴタゲルマスト|プレミアムグラフィック
    59
    118

投票ありがとうございました。

画像: 【公式動画】Aprilia Tuareg 660 | Delivering Adventure Since 1985 www.youtube.com

【公式動画】Aprilia Tuareg 660 | Delivering Adventure Since 1985

www.youtube.com

アプリリア「トゥアレグ660」の主なスペック

全長×全幅×全高2200×965×NAmm
ホイールベース525mm
シート高860mm
キャスター角26.7°
トレール113.3mm
車両重量204kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量659cc
ボア×ストローク81×63.93mm
圧縮比13.5
最高出力80HP/9250rpm
最大トルク7.13kgf・m/6500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量18L
タイヤサイズ(前・後)90/90-21・150/70R18
ブレーキ形式(前・後)φ300mmダブルディスク・φ260mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.