Kawasaki「Z H2」「Z H2 SE」
税込価格:191万4000円 / SEは220万円

画像: 全長×全幅×全高:2085×810〈815〉×1130mm ホイールベース:1455mm シート高:830mm 車両重量:240〈241〉kg ※〈〉内はSE

全長×全幅×全高:2085×810〈815〉×1130mm
ホイールベース:1455mm
シート高:830mm
車両重量:240〈241〉kg

※〈〉内はSE

カワサキを代表するプレミアムスポーツ・H2シリーズから、強烈なパワーを発揮するスーパーチャージャー付きの水冷直4エンジンや独特なトレリスフレームを受け継いでいる。これに強烈なパフォーマンスを備えたネイキッドであるZシリーズの、“SUGOMI”スタイルと呼ばれるアグレッシブなスタイリングを融合。

カワサキ製ネイキッドの頂点として2020年4月に国内に導入され、同年12月にカラー変更を受けた。

そして、2021年4月にはKECS(カワサキ・エレクトロニック・コントロール・サスペンション)、ショーワのスカイフックEERA(電子制御ライドアジャスト)テクノロジーなど電子制御技術を搭載して、サスペンションをグレードUPした上級グレードのSEがバリエーションモデルとしてリリースされた。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「Z H2」「Z H2 SE」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック(Z H2)
  • 画像2: カワサキ「Z H2」「Z H2 SE」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン(Z H2 SE)
  • 画像3: カワサキ「Z H2」「Z H2 SE」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック(Z H2)
    37
    126
  • 画像4: カワサキ「Z H2」「Z H2 SE」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン(Z H2 SE)
    63
    211

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:998cc
ボア×ストローク:76.0×55.0mm
圧縮比:11.2
最高出力:147kW(200PS)/11000rpm
最大トルク:137N・m(14.0kg-m)/8500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:19L
キャスター角:24.9°
トレール量:104mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17M/C (58W)・190/55ZR17M/C (75W)

This article is a sponsored article by
''.