SUZUKI「SV650 ABS」
税込価格:80万3000円

画像: 全長×全幅×全高:2140×760×1090mm ホイールベース:1450mm シート高:785mm 車両重量:199kg

全長×全幅×全高:2140×760×1090mm
ホイールベース:1450mm
シート高:785mm
車両重量:199kg

1999年にデビューした初代SV650以来、改良と熟成を重ねてきた645cc水冷Vツインエンジンを受け継いで、 2016年にデビューしたのが2代目となるミドル・ネイキッドのSV650。スチール製のトレリスフレームを中核とした車体のスリムさを活かした軽快なハンドリングと、力強くも扱いやすい特性を備えるエンジンなどで実現されたバランスの良さが特徴。

極めてシンプルでスマートなスタイリングもあって、ベーシックなスポーツモデルとして着実に支持を集め、細かな改良を重ねながら完成度を高めてきた。1月26日に発売された2022年モデルでは、最新の排ガス規制に合わせ、最高出力・最大トルクの調整が行われたが、スタイリングや装備面での変更はない。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(ACX)
  • 画像2: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト(B1G)
  • 画像3: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットブラックメタリックNo.2(YKV)
  • 画像4: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(ACX)
    39
    142
  • 画像5: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト(B1G)
    44
    159
  • 画像6: スズキ「SV650 ABS」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットブラックメタリックNo.2(YKV)
    17
    61

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量:645cc
ボア×ストローク:81.0×62.6mm
圧縮比:11.2
最高出力:53kW(72PS)/8500rpm
最大トルク:63N・m(6.4kg-m)/6800rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:14L
キャスター角:25°
トレール量:106mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17M/C(58W) ・ 160/60ZR17M/C(69W)

This article is a sponsored article by
''.