SUZUKI「V-STROM 1050」
税込価格:143万円

画像: 全長×全幅×全高:2265×870×1515mm ホイールベース:1555mm シート高:855mm 車両重量:236kg ※写真カラーはグラススパークルブラック(YVB)

全長×全幅×全高:2265×870×1515mm
ホイールベース:1555mm
シート高:855mm
車両重量:236kg

※写真カラーはグラススパークルブラック(YVB)

上級バージョンであるVストローム1050XTに対して、スタンダードモデルという位置付けになるのがVストローム1050。個性的なスタイリングはもちろん、フレームやエンジンなどメカニズムは基本的に同じもの。

ボディカラーがXTでは4色なのに対してスタンダードは2色、用意されるカラー自体も異なっていることと、XTの特徴であるスポークホイールがスタンダードはキャストホイールとなっているのが目につく相違点。

その他、XTのアンダーガードやエンジンガード、センタースタンドといった装備は備えておらず、電子制御デバイスも、トラクションコントロールなど共通装備のものもあるが、クルーズコントロールなどスタンダードでは省かれた機能もある。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック / キャンディダーリングレッド(AV4)
  • 画像2: スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(YVB)
  • 画像3: スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック / キャンディダーリングレッド(AV4)
    74
    85
  • 画像4: スズキ「Vストローム1050」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラススパークルブラック(YVB)
    26
    30

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量:1036cc
ボア×ストローク:100.0×66.0mm
圧縮比:11.5
最高出力:78kW(106PS)/8500rpm
最大トルク:99N・m(10.1kg-m)/6000rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:20L
キャスター角:25°40'
トレール量:110mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/80R19 M/C 59V・150/70R17 M/C 69V

This article is a sponsored article by
''.