Honda「400X」
税込価格:85万8000円

画像: 全長×全幅×全高:2140×830×1380mm ホイールベース:1435mm シート高:800mm 車両重量:199kg ※写真カラーはマットバリスティックブラックメタリック

全長×全幅×全高:2140×830×1380mm
ホイールベース:1435mm
シート高:800mm
車両重量:199kg

※写真カラーはマットバリスティックブラックメタリック

現在、国内向け400ccクラスのモデルとしては唯一のアドベンチャーツアラーである400X。初代モデルは 2013年に登場。2019年のマイナーチェンジLEDヘッドライトを活かしたスタイリッシュでタフな新デザインへと進化。さらに、18インチだったフロントホイール径を19インチに変更することで、舗装路はもちろんフラットダートまでをカバーする優れた安定性も実現した。

2022年1月にモデルチェンジ。ヘッドライトの光量をアップするとともに発光パターンを最適化。加えてウインカーにポジションランプ機能を採用することで、被視認性を向上させている。SHOWA製SFF-BPを採用して、フロントブレーキをダブルディスクとし、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールを軽量化しているのはCBR400Rと同様だ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「400X」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    パールグレアホワイト
  • 画像2: ホンダ「400X」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像3: ホンダ「400X」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    パールグレアホワイト
    70
    314
  • 画像4: ホンダ「400X」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    マットバリスティックブラックメタリック
    30
    132

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:399cc
ボア×ストローク:67.0×56.6mm
圧縮比:11.0
最高出力:34kW(46PS)/9000rpm
最大トルク:38N・m(3.9kg-m)/7500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション(PGM-FI)
燃料タンク容量:17L
キャスター角:27°30'
トレール量:108mm
変速機形式:6段リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/80R19M/C 59H・160/60R17M/C(69H)

This article is a sponsored article by
''.