2022年1月12日、カワサキは「KLX230」のバリエーションモデルとして、2022年モデルで「KLX230S」を追加することを発表した。

カワサキ「KLX230 S」の特徴

画像: Kawasaki KLX230 S 総排気量:232cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:830mm 車両重量:136kg

Kawasaki KLX230 S

総排気量:232cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:830mm
車両重量:136kg

シート高は830mm、初心者でもオフロードを楽しみやすい設定

低中速域から力強いトルクを生み出す232ccのシンプルな空冷単気筒エンジンや、スリムでコンパクトなペリメターフレームを中核とした軽量な車体、オンロードとオフロードをカバーできるデュアルパーパスABSといったメカニズムは基本的に「KLX230」と共通。

しかしオフロードでの軽快な操縦性はそのままに、シート高を「KLX230」から55mm低い830mmとして、大幅に足着き性を改善。ビギナーを含め誰でも安心してオフロードを楽しめるように配慮されたモデルだ。

カワサキ「KLX230 S」のカラー・価格・発売日

ボディカラーはアーバンオリーブグリーン×エボニーとライムグリーンの2色を用意。税込価格は50万6000円で、発売日は2022年2月1日の予定。

ライムグリーン

アーバンオリーブグリーン×エボニー

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像7: カワサキ「KLX230 S」の国内販売が決定! スタンダードモデルから55mmシート高を下げたフレンドリーなオフロード車【2022速報】
    ライムグリーン
  • 画像8: カワサキ「KLX230 S」の国内販売が決定! スタンダードモデルから55mmシート高を下げたフレンドリーなオフロード車【2022速報】
    アーバンオリーブグリーン×エボニー
  • 画像9: カワサキ「KLX230 S」の国内販売が決定! スタンダードモデルから55mmシート高を下げたフレンドリーなオフロード車【2022速報】
    ライムグリーン
    23
    423
  • 画像10: カワサキ「KLX230 S」の国内販売が決定! スタンダードモデルから55mmシート高を下げたフレンドリーなオフロード車【2022速報】
    アーバンオリーブグリーン×エボニー
    77
    1393

投票ありがとうございました。

カワサキ「KLX230 S」の主なスペック

全長×全幅×全高2080×835×1110mm
ホイールベース1360mm
最低地上高210mm
シート高830mm
車両重量136kg
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量232cc
ボア×ストローク67.0×66.0mm
圧縮比9.4
最高出力14kW(19PS)/7600rpm
最大トルク19N・m(1.9kgf・m)/7600rpm
燃料タンク容量7.4L
変速機形式6速リターン
キャスター角27.5゜
トレール量116mm
タイヤサイズ(前・後)2.75-21 45P・4.10-18 59P
ブレーキ形式(前・後)Φ265mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク
メーカー希望小売価格50万6000円(消費税10%込)

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.