スポーティな原付二種スクーター、ヤマハのシグナスXがフルモデルチェンジを果たし、新たに「グリファス」のネーミングで登場した。シリーズ初の水冷エンジンを採用、車体も一新した意欲作だ。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ(太田安治)

画像: YAMAHA CYGNUS GRYPHUS 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:785mm 車両重量:125kg 発売日:2021年12月23日 税込価格:35万7500円

YAMAHA CYGNUS GRYPHUS

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:785mm
車両重量:125kg

発売日:2021年12月23日 
税込価格:35万7500円

クイックで小気味よい「シグナスらしい」一台

ヤマハの原付二種スクーターには、3輪のトリシティのほかに高級感漂うNMAX、扱いやすさと低価格がポイントのアクシスZ、スポーティな走りで人気のシグナスがある。このシグナスグリファスはシグナスXの実質的な後継モデルで、ブルーコアと呼ばれるVVA(可変吸気バルブ)装備の水冷エンジンと新作のフレームを採用している。

新型エンジンの良さは走り出した瞬間に判る。遠心クラッチが繋がり始めるのは1200回転あたりで、停止状態からの動き出しが穏やか。逆に減速時は15km/hあたりまでエンジンブレーキが効く。これによって遠心クラッチ+Vベルト変速のスクーターが苦手な極低速域での速度調整がしやすく、市街地での扱いやすさはトップレベルになった。

画像1: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ(太田安治)

全開加速では6000回転台を使って速度を乗せる。50km/hまでの到達時間が短く、交通の流れを楽々とリードできるうえ、6000回転以上の伸びもシグナスXより明らかに力強い。8000回転を超えても重ったるさが出ずに伸びていき、シグナスXのスポーツ性を損なわず、力強さが底上げされているのが感じられる。これは大きな魅力だ。

ハンドリングは乗り心地よりも機敏さを大切にしている印象。前後サスペンションのスプリングが硬めなうえにライダーを含めた重心位置が高く、操作に対してクイックに反応して軽く鋭く向きを変える。こう表現すると神経質な操縦性を想像するかも知れないが、実際はタイヤの接地感がしっかり伝わってくるので攻めやすく、いつのまにかコーナリングスピードが上がっている感覚だ。

このスポーティなハンドリングと引き換えに、路面の荒れた部分では衝撃が強めに伝わるから、乗り心地はハード。運動性能の高さよりも快適さを大事にしたいライダーならNMAXを選んだほうがいいだろう。

画像2: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ(太田安治)

最新モデルらしく、実用装備も充実。フロントパネルには500mlのペットボトルが収まるポケットとUSBソケットを装備し、給油のたびにシートを開閉する手間がないフロントの給油口も継承されている。シート下は約28L容量で、ヘルメットに加えてレインウエアも楽々と収納可能。液晶メーターは日中の視認性が今ひとつだが、機能は充分だ。

単なる移動の足ではなく、スポーツ性を求めたいライダーに、適しているのがシグナス。このグリファスもそんな「シグナスらしさ」が継承されている。

画像: 【公式動画】ヤマハ シグナス グリファス YAMAHA CYGNUS GRYPHUS www.youtube.com

【公式動画】ヤマハ シグナス グリファス YAMAHA CYGNUS GRYPHUS

www.youtube.com

ヤマハ「シグナス グリファス」カラーバリエーション

ボディカラーは通常モデルで4色ラインアップされている。さらにヤマハのロードレース世界選手権参戦60周年を記念した「WGP 60th Anniversary」を1000台限定で用意。こちらは税込36万8500円で、2022年2月24日に発売。

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ブルーイッシュ
    グレーソリッド4
  • 画像2: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ホワイトメタリック1
  • 画像3: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ディープパープリッシュブルーメタリックC
  • 画像4: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ブラックメタリックX
  • 画像5: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    シルキーホワイト
    (WGP 60th Anniversary)
  • 画像6: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ブルーイッシュ
    グレーソリッド4
    22
    409
  • 画像7: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ホワイトメタリック1
    14
    258
  • 画像8: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ディープパープリッシュブルーメタリックC
    17
    316
  • 画像9: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    ブラックメタリックX
    7
    134
  • 画像10: ヤマハ「シグナス グリファス」インプレ|シリーズ初の水冷エンジンを搭載、車体や装備も一新した125ccスクーター
    シルキーホワイト
    (WGP 60th Anniversary)
    39
    710

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.