ジクサーシリーズのトップモデルが、フルカウルスポーツのSF250。スズキとしては久々に油冷エンジンを採用した。ボディデザインもスタイリッシュ。税込50万円を切る価格設定も魅力だ。
文:ゴーグル編集部/写真:岡本 渉

スズキ「ジクサーSF250」の特徴

画像: SUZUKI GIXXER SF250 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:800mm 車両重量:158kg 税込価格:48万1800円

SUZUKI GIXXER SF250

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:800mm
車両重量:158kg

税込価格:48万1800円

スポーツシングルとしての元気のよさとゆったりとしたハンドリング

スズキ独自の油冷システム復活が話題になったジクサーSF250。フルカウルを装備するスタイリングはとてもコンパクトかつスタイリッシュ。今回試乗したMotoGPのスズキワークスカラーはレーサームード満点で、所有感を満たしてくれる。

跨って走り出そうとしただけで、その取り回しの軽さを感じる。コンパクトな車体と十分に配慮された足つき性のおかげもあって、スペック以上に軽く感じる。

エンジンのフィーリングは、低回転のトルクをしっかりと感じることができつつも、高回転まで軽やかに回るスポーティなもの。「単気筒だからきっと高回転になると振動が増えてくるんだろうな…」と想像しながらフルスロットルで加速していくと、そのイメージは良い意味で裏切られる。高回転になるにつれてその振動がひとつにまとまってくるので不快感がない。心地よい排気音とあいまって、非常に好感が持てる。

画像: スズキ「ジクサーSF250」の特徴

高速道路を走っても余裕がある。6速6800回転くらいでちょうど100km/hに到達するが、ウインドプロテクションの面からも、このあたりまでの巡航が快適。

ハンドリングは250シングル車からイメージするヒラヒラしたものではなく、しっとりした接地感があるもの。寝かし込みや切り返しの際にしっかりとした安心感がある。これはごく低速から感じることができ、狭い場所でのUターンもまったく苦にならない。フロントに比べてリアサスペンションのスプリングがやや硬めの印象だが、二人乗りをした場合も車体姿勢が安定するというメリットがあるだろう。

このジクサーSF250は、軽くコンパクトで走行フィーリングも軽快。さらに安定感もある。そして、なんと言っても走らせて楽しい。この爽快感と楽しさが50万円を切る価格で手に入るのは大きな魅力だ。

ネイキッド版のジクサー250もラインアップ

画像1: スズキ「ジクサーSF250」インプレ|軽量ボディと油冷シングルで爽快な走りを実現! 価格も魅力的な250ccフルカウルスポーツ

ネイキッド版のジクサー250もラインアップ。カラーバリエーションはジクサーSF250と同様、トリトンブルーメタリックとマットブラックメタリックNo.2の2色。価格は税込44万8800円。

【アンケート】あなたはどちらのモデルがお好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: スズキ「ジクサーSF250」インプレ|軽量ボディと油冷シングルで爽快な走りを実現! 価格も魅力的な250ccフルカウルスポーツ
    ジクサーSF250
  • 画像3: スズキ「ジクサーSF250」インプレ|軽量ボディと油冷シングルで爽快な走りを実現! 価格も魅力的な250ccフルカウルスポーツ
    ジクサー250
  • 画像4: スズキ「ジクサーSF250」インプレ|軽量ボディと油冷シングルで爽快な走りを実現! 価格も魅力的な250ccフルカウルスポーツ
    ジクサーSF250
    51
    715
  • 画像5: スズキ「ジクサーSF250」インプレ|軽量ボディと油冷シングルで爽快な走りを実現! 価格も魅力的な250ccフルカウルスポーツ
    ジクサー250
    49
    688

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.