2022年1月14日、カワサキは「Ninja ZX-6R」の2022年モデルを発売しました。

カワサキ「Ninja ZX-6R」2022年モデルの変更点

画像: Kawasaki Ninja ZX-6R 2022年モデル・国内仕様 総排気量:636cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:830mm 車両重量:197kg 発売日:2022年1月14日(金) 税込価格:137万5000円

Kawasaki Ninja ZX-6R
2022年モデル・国内仕様

総排気量:636cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:830mm
車両重量:197kg

発売日:2022年1月14日(金)
税込価格:137万5000円

カワサキ「Ninja ZX-6R」シリーズは、現行のミドルクラスとしては希少な並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル。サーキット走行はもちろん、エンジン・シャシーはワインディングに合わせて最適化されたもので、スポーツツーリングも楽しみやすい一台となっています。

2022年モデルでは、スタンダードの「Ninja ZX-6R」のカラーを変更。新色となる「メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック」が採用されています。

「Ninja ZX-6R KRTエディション」は、スーパーバイク世界選手権で戦う「Ninja ZX-10RR」をイメージしたカラーリング。こちらはグラフィックの変更もなく継続販売。

価格はいずれも税込137万5000円(2021年モデルから+2万2000円)となります。


Ninja ZX-6R 2022年モデル

カラー名:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック

Ninja ZX-6R KRT EDITION 2022年モデル

カラー名:ライムグリーン×エボニー

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像7: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2022年モデル
  • 画像8: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2021年モデル
  • 画像9: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2021-2022年 KRTエディション
  • 画像10: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2022年モデル
    31
    275
  • 画像11: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2021年モデル
    35
    309
  • 画像12: カワサキ「Ninja ZX-6R」の2022年モデルはカラーを変更、KRTエディションは従来のグラフィックで継続販売
    2021-2022年 KRTエディション
    34
    297

投票ありがとうございました。

カワサキ「Ninja ZX-6R」2022年モデルの主なスペック・価格

全長×全幅×全高2025×710×1100mm
ホイールベース1400mm
最低地上高130mm
シート高830mm
車両重量197kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量636cc
ボア×ストローク67.0×45.1mm
圧縮比12.9
最高出力93kW(126PS)/13500rpm
ラムエア加圧時:97kW(132PS)/13500rpm
最大トルク70N・m(7.1kgf・m)/11000rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角23.5°
トレール量101mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格137万5000万円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.