トライアンフは長い伝統を感じさせるクラシカルなモデルたちに加えて、水冷トリプルエンジンを搭載し、現代的なパフォーマンスや機能性を備え、しかも独特な個性を感じさせるモダンなラインナップも揃えている。アドベンチャーモデル「タイガー」シリーズもそのひとつだ。2021年10月5日20時(日本時間)、新型車「タイガースポーツ660」の詳細が明らかとなった。

トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

画像: TRIUMPH TIGER SPORT 660 総排気量:660cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:835mm 車両重量:206kg

TRIUMPH TIGER SPORT 660

総排気量:660cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:835mm
車両重量:206kg

新世代ミドルアドベンチャーの万能性と価格に注目

新しい「タイガースポーツ660」は、パフォーマンスや装備類、価格設定などのあらゆる面でミドルアドベンチャーの新たな指標となるように開発されたという。通勤などの日常的な街乗りから、長距離ツーリングまで、必要な機能や性能、ハンドリング、スタイリングをバランスよく備えるように造り上げられた。

画像1: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

そのメカニズムの基礎になっているのは、昨年登場し高く評価されたスタンダードなロードスターモデル「トライデント660」。「タイガースポーツ660」には、その660cc水冷並列3気筒エンジンを搭載し、2気筒エンジンを積んだライバルと比較して強力な81PSというトップパワーと、アドベンチャーでは重視されるフレキシブルなトルク特性を両立。軽快でスポーティな走りはもちろん、荷物を満載したタンデムでも常に余裕を感じさせる。操作を容易にするスリップアシストクラッチも装備。

もちろん電子制御デバイスも充実。ロードとレインを選択できるライディングモード、ABS、切り替え可能なトラクションコントロールが安全で快適な走りのためにライダーをサポート。トラクションコントロールは、必要に応じてオフにすることもできる。

画像2: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

スチール ペリメーターフレームを中心にする軽量なボディに装着されたサスペンションは、フロントにショーワ製のΦ41mm倒立カートリッジフォーク、リアにもショーワ製のモノショックを組み合わせる。

いずれもストローク量150mm、ソロでもタンデムでもダイナミックかつ快適な走りを可能にするデュアルレートスプリングを備え、リアにはタンデムや荷物の搭載に合わせてセッティングが可能な、リモート油圧プリロード調整機能も装備。17インチ径、5本スポークの軽量鋳造アルミホイール、ニッシン製の2ピストンスライドキャリパーとΦ310mmローターを組み合わせたブレーキなど、足回りも優れたバランスを実現するパーツが選択されている。

画像3: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

快適な走りを支えるための機能も充実。優れた防風効果を実現する大型のスクリーンは滑らかなデザインで、天候や好みに合わせて片手で簡単に高さを調整できる構造。リラックスできるポジション設定に加え、ハンドルは正確なステアリングをもたらす軽量なアルミニウムテーパーバーを採用。

実用的でタンデムでも快適な余裕のあるサイズのシートは、シート高835mmとやや高め。タンデムも安心なグラブバーも装備。あらゆる部分に人間工学に基づいた機能的デザインを採用している。

画像4: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

クラス初のTFT液晶を用いた多機能メーターは、メーター自体の優れた機能性に加え、オプションのMy Triumphコネクティビティモジュールとの組み合わせを想定したデザイン。これによって、ターンバイターン式ナビゲーション、GoProのコントロール、電話と音楽の操作など、すべてハンドルのスイッチからライダーが簡単に操作可能だ。

画像5: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

スタイリングは現代のアドベンチャースポーツに求められる実用性と、タイガーシリーズのイメージを融合させたもの。まったく新しくデザインされたボディワークは、印象的なツインLEDヘッドライトから、大容量の燃料タンク、機能的なシート、専用パニアケースを簡単に装着できるスリムなテールまで、クリーンで流れるようなラインを実現し、優れた空力特性も備える。

画像6: トライアンフ「タイガースポーツ660」の特徴

トップケースやパニアケースなどをはじめ、ツーリングをより快適にするため、機能性を向上させるための純正オプションパーツも各種用意されている。

画像: 【動画】New Triumph Tiger Sport 660 - Global Reveal www.youtube.com

【動画】New Triumph Tiger Sport 660 - Global Reveal

www.youtube.com

トライアンフ「タイガースポーツ660」の価格・カラーバリエーション

「タイガースポーツ660」のボディカラーは、「コロシレッド×グラファイト」「ルツェルンブルー×サファイアブラック」「グラファイト×サファイアブラック」の3色。

気になる国内での税込価格は「コロシレッド×グラファイト」が114万円、「ルツェルンブルー×サファイアブラック」「グラファイト×サファイアブラック」がいずれも112万5000円。機能、性能が充実した最新のミドルアドベンチャーとして、非常にリーズナブルなこの価格設定も「タイガースポーツ660」の大きな魅力だろう。

画像: タイガースポーツ660 / コロシレッド×グラファイト/税込価格:114万円

タイガースポーツ660 / コロシレッド×グラファイト/税込価格:114万円

画像: タイガースポーツ660 / ルツェルンブルー×サファイアブラック/税込価格:112万5000円

タイガースポーツ660 / ルツェルンブルー×サファイアブラック/税込価格:112万5000円

画像: タイガースポーツ660 / グラファイト×サファイアブラック/税込価格:112万5000円

タイガースポーツ660 / グラファイト×サファイアブラック/税込価格:112万5000円


【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    コロシレッド×グラファイト
  • 画像2: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    ルツェルンブルー×サファイアブラック
  • 画像3: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    グラファイト×サファイアブラック
  • 画像4: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    コロシレッド×グラファイト
    26
    186
  • 画像5: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    ルツェルンブルー×サファイアブラック
    34
    247
  • 画像6: トライアンフが「タイガースポーツ660」の詳細を発表! 日本での販売価格やカラーバリエーションも決定【2022速報】
    グラファイト×サファイアブラック
    40
    290

投票ありがとうございました。

トライアンフ「タイガースポーツ660」の主なスペック

全長×全幅×全高2071×834×1398(スクリーンHIGH)/1315mm(LOW)
ホイールベース1418mm
シート高835mm
車両重量203kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量660cc
ボア×ストローク74.04×51.1mm
圧縮比11.95
最高出力81PS/10250rpm
最大トルク64Nm/6250rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角23.1°
トレール97.1mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ310mmダブルディスク・φ255mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.