トライアンフが2021年1月に発売したブランニューモデル「トライデント660」。発売時は税込100万円を切る新車価格が大きな話題となった。走行性能や装備はどういったものなのか、詳しく解説する。
まとめ:オートバイ編集部/ライダー:宮崎敬一郎/写真:赤松 孝、南 孝幸、森 浩輔

トライアンフ「トライデント 660」カラーバリエーション

シルバーアイスディアブロレッド

マットジェットブラック&マットシルバーアイス

クリスタルホワイト

サファイアブラック


【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像17: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    シルバーアイスディアブロレッド
  • 画像18: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    マットジェットブラック&マットシルバーアイス
  • 画像19: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    クリスタルホワイト
  • 画像20: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    サファイアブラック
  • 画像21: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    シルバーアイスディアブロレッド
    28
    253
  • 画像22: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    マットジェットブラック&マットシルバーアイス
    42
    386
  • 画像23: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    クリスタルホワイト
    17
    159
  • 画像24: トライアンフ「トライデント 660」インプレ・解説(2021年)3気筒の魅力を存分に楽しめる軽量コンパクトな新型ネイキッドバイク
    サファイアブラック
    13
    121

投票ありがとうございました!

トライアンフ「トライデント 660」ライディングポジション・足つき性

シート高:805mm
ライダーの身長・体重:176cm・68kg

ハンドルとシートの位置が近いコンパクトなポジション。基本的にアップライトだが、身長170cm代のライダーだと上半身がやや起き気味になる。足つき性は良好で、小柄なライダーでも苦労はないだろう。

トライアンフ「トライデント 660」各部装備・ディテール解説

画像: スイングアームマウントのリアフェンダーは非常に現代的なディテール。デザインを手がけたのはSUZUKI KATANAも担当したR・フラスコーリ氏。

スイングアームマウントのリアフェンダーは非常に現代的なディテール。デザインを手がけたのはSUZUKI KATANAも担当したR・フラスコーリ氏。

画像: ボア×ストロークはストリートトリプルSの76×48.5mmに対し、トライデント660のエンジンは74×51.1mmとロングストロークの設定。

ボア×ストロークはストリートトリプルSの76×48.5mmに対し、トライデント660のエンジンは74×51.1mmとロングストロークの設定。

画像: ステンレス製のサイレンサーは、最新のスーパースポーツのようなコンパクトでショートなデザインとレイアウトを採用。

ステンレス製のサイレンサーは、最新のスーパースポーツのようなコンパクトでショートなデザインとレイアウトを採用。

画像: ハイスペックなSHOWA製の倒立式フロントフォークを採用。ブレーキはニッシン製キャリパーにΦ310mmローターという組み合わせ。

ハイスペックなSHOWA製の倒立式フロントフォークを採用。ブレーキはニッシン製キャリパーにΦ310mmローターという組み合わせ。

画像: リアサスペンションはモノショック構造でプリロードの調整が可能。リアブレーキにもニッシン製キャリパーが採用されている。

リアサスペンションはモノショック構造でプリロードの調整が可能。リアブレーキにもニッシン製キャリパーが採用されている。

画像: オーソドックスな雰囲気の丸型ヘッドライトだが、その中身はトライデント660専用にデザインされた最新スペックのLEDタイプだ。

オーソドックスな雰囲気の丸型ヘッドライトだが、その中身はトライデント660専用にデザインされた最新スペックのLEDタイプだ。

画像: メーターユニットも一見クラシカルな丸型ケースに収められるが、TFTカラー液晶パネルを使用、スマートフォンとの連携も可能。

メーターユニットも一見クラシカルな丸型ケースに収められるが、TFTカラー液晶パネルを使用、スマートフォンとの連携も可能。

画像: スマートで軽快なデザインのシートは乗り心地も快適。シート高も805mmと低く設定されていて、足着き性も良好だ。

スマートで軽快なデザインのシートは乗り心地も快適。シート高も805mmと低く設定されていて、足着き性も良好だ。

画像: スリムでスマートなテールカウル後端に、すっきりと埋め込まれたコンパクトなテールランプも光源にはLEDを採用している。

スリムでスマートなテールカウル後端に、すっきりと埋め込まれたコンパクトなテールランプも光源にはLEDを採用している。

トライアンフ「トライデント 660」主なスペック・価格

全幅×全高795×1089mm
ホイールベース1400mm
シート高805mm
車両重量190kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量660cc
ボア×ストローク74.0×51.1mm
圧縮比11.95
最高出力60kW(81PS)/10250rpm
最大トルク64N・m/6250rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.6 º
トレール量107.3mm
タイヤサイズ(前・後)120/70R17・180/55R17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格99万3000円(消費税10%込)

まとめ:オートバイ編集部/ライダー:宮崎敬一郎/写真:赤松 孝、南 孝幸、森 浩輔

This article is a sponsored article by
''.