ヤマハが欧州で「XSR700」の2022年モデルを発表した。

ヤマハ「XSR700」2022年モデル・海外仕様の特徴

画像1: ヤマハ「XSR700」2022年モデル・海外仕様の特徴

印象的なネオレトロスタイルはそのまま

ヤマハのヘリテージモデル・XSRシリーズの中でも、カジュアルで個性的なネオレトロスタイルと、心地よく軽快な走りとを両立させたミドルモデルの「XSR700」。先日、そのヨーロッパ向け2022年モデルが発売された。

画像: YAMAHA XSR700 2022年モデル・海外仕様 総排気量:689cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:835mm 車両重量:186kg

YAMAHA XSR700

2022年モデル・海外仕様

総排気量:689cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:835mm
車両重量:186kg

「XSR700」は、270度クランクを採用、力強さとリニアなレスポンスを備え、扱いやすくコントロール性に優れた689cc水冷並列ツインエンジンや、スリムなフレームといった主要なメカニズムを、ネイキッドスポーツ・MTシリーズの中でもバランスの良いベーシックモデル「MT-07」と共用している。

画像2: ヤマハ「XSR700」2022年モデル・海外仕様の特徴

その「MT-07」が2021年モデルでモデルチェンジされ、マフラーの変更やECUやFIのセッティング見直しなどによって、エンジンのフィーリングを改善すると同時に最新の排ガス規制であるユーロ5へも対応。これに合わせて2022年モデルの「XSR700」も、新型「MT-07」に準じた仕様のエンジンを採用している。ただしスペックが微妙に異なり、エキパイのヒートガードやサイレンサーの形状も違うなど、全く同一というわけではない。

画像3: ヤマハ「XSR700」2022年モデル・海外仕様の特徴

それと同時に、従来モデルではペータル形状だったブレーキローターが、通常の円形のローターとなっているが、これも新型「MT-07」と同様。

画像: サンセットレッド

サンセットレッド

画像: パワーブラック

パワーブラック

ボディカラーも従来モデルと同じ「サンセットブラック」「パワーブラック」の2色が採用されている。しかし2022年モデルでは、シートの表皮やホイール色など細かな変更が行われた。


【アンケート】 人気カラー投票

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「XSR700」の2022年モデルが欧州で登場|排ガス規制対応の新スペックエンジンを搭載したヘリテイジスポーツ
    サンセットレッド
  • 画像2: ヤマハ「XSR700」の2022年モデルが欧州で登場|排ガス規制対応の新スペックエンジンを搭載したヘリテイジスポーツ
    パワーブラック
  • 画像3: ヤマハ「XSR700」の2022年モデルが欧州で登場|排ガス規制対応の新スペックエンジンを搭載したヘリテイジスポーツ
    サンセットレッド
    68
    861
  • 画像4: ヤマハ「XSR700」の2022年モデルが欧州で登場|排ガス規制対応の新スペックエンジンを搭載したヘリテイジスポーツ
    パワーブラック
    32
    405

投票ありがとうございました。

ヤマハ「XSR700」2022年モデル・海外仕様の主なスペック

全長×全幅×全高2075×820×1130mm
ホイールベース1405mm
シート高835mm
車両重量186kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量689cc
ボア×ストローク80×68.6mm
圧縮比11.5
最高出力74.8PS/9000rpm
最大トルク6.9kgf・m/6500rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5°
トレール90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.