ユニークなスタイルで発表当初から注目を集めていた、ハーレー初の本格アドベンチャー・パンアメリカ1250。パワフルな次世代水冷Vツインエンジンを搭載し、最新の電子制御デバイスも装備。注目すべきポイントの多い一台だ。
文:宮崎敬一郎、オートバイ編集部/写真:柴田直行、ハーレーダビッドソンジャパン

ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

STDモデル

ビビッドブラック

画像1: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

リバーロックグレー

画像2: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

SPモデル

バハオレンジ/ストーンウォッシュホワイトパール

画像3: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

ビビッドブラック

画像4: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

ガーントレットグレーメタリック

画像5: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

デッドウッドグリーン

画像6: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像3: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ビビッドブラック(STD)
  • 画像4: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    リバーロックグレー(STD)
  • 画像5: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    バハオレンジ(SP)
  • 画像6: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ビビッドブラック(SP)
  • 画像7: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ガーントレットメタリックグレー(SP)
  • 画像8: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    デッドウッドグリーン(SP)
  • 画像9: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ビビッドブラック(STD)
    10
    24
  • 画像10: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    リバーロックグレー(STD)
    10
    23
  • 画像11: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    バハオレンジ(SP)
    23
    53
  • 画像12: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ビビッドブラック(SP)
    9
    22
  • 画像13: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    ガーントレットメタリックグレー(SP)
    22
    52
  • 画像14: ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」を徹底解説|独創のスタイルとメカが光るアドベンチャーバイクの革命児
    デッドウッドグリーン(SP)
    25
    58

投票ありがとうございました!

ハーレーダビッドソン「パンアメリカ1250」ライディングポジション・足つき性

シート高:830 / 890mm
ライダーの身長・体重:176cm・68kg

車高の最も落ちた状態では、170cmほどの身長なら苦労しない足つき性だが、高く設定すると片足のつま先しか接地しなくなる。ヒザ、腰、肘とゆとりがあり、上体もほどよく起きていて、ロングランでも疲れにくい。

This article is a sponsored article by
''.