ヤマハ「トレーサー9」が発売された。アドベンチャー風のアップライトなスタイルと、トルキーでパワフルなエンジン、軽量な車体を活かした、走りのいいGTツアラーだ。そんな新型トレーサーの詳細を、ライバルと見比べながら検証していこう。
文:オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸、森 浩輔

ヤマハ「トレーサー9 GT」の特徴

画像: YAMAHA TRACER9 GT 総排気量:888cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:810mm 車両重量:220kg 発売日:2021年7月28日 税込価格:145万2000円

YAMAHA TRACER9 GT

総排気量:888cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:810mm
車両重量:220kg

発売日:2021年7月28日
税込価格:145万2000円

「R1マスク」になって走りも個性もアップデート

MT-09のフルモデルチェンジに合わせて同時に新型となったオールラウンド・スポーツツアラー、トレーサー9。国内仕様は上級グレードの「GT」のみの設定となるが、このGTはシリーズの中で歴代最高と言うべき豪華な内容となっている。

画像: ▲長いシュラウドを備えたアッパーカウルとそれに続くボディラインは、突き進む矢をイメージした「アローシルエット」を形作る。

▲長いシュラウドを備えたアッパーカウルとそれに続くボディラインは、突き進む矢をイメージした「アローシルエット」を形作る。

888ccにスープアップされたエンジンはMTと共通だが、フレームはMTベースではあるが専用チューニングが施され、リアフレームやスイングアームは専用品。サスペンションには待望の電子制御が導入され、トラコン、ウイリーコントロール、スライドコントロール、ブレーキコントロール、クイックシフターなどのライダーエイドも充実。最新アイテムフル装備の仕様でパフォーマンスを飛躍的に高めている。

画像: ▲欧州仕様のGTはサイドバッグを標準装備するが、国内仕様はオプション。サイドバッグのステーはダンパー入りという凝ったものだ。

▲欧州仕様のGTはサイドバッグを標準装備するが、国内仕様はオプション。サイドバッグのステーはダンパー入りという凝ったものだ。

トレーサー9 GTのライバルはズバリこの2台!

画像: BMW F900XR 総排気量:894cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:825mm 車両重量:223kg 税込価格:114万8000円~

BMW F900XR

総排気量:894cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:825mm
車両重量:223kg

税込価格:114万8000円~

間口の広いスタンダード

このセグメント内で最も近い存在。兄貴分のS1000XR譲りのスポーティテイストでまとめられた快速ツアラーだが、街乗りも峠もソツなくこなす、間口の広いスタンダード。


画像: SUZUKI V-STROM 1050XT 総排気量:1036cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:850mm 車両重量:247kg 税込価格:151万8000円

SUZUKI V-STROM 1050XT

総排気量:1036cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:850mm
車両重量:247kg

税込価格:151万8000円

充実の本格アドベンチャー

名車「DR-BIG」を思わせる直線基調のスタイリングを持つ本格アドベンチャー。電子制御アシストを満載した「S.I.R.S」を採用し、走りにも扱いやすさにも磨きがかかった。

ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」キャラクター比較

スポーツ性、快適クルーズのどちらを重視するかがカギ

トレーサー9は直接バッティングするライバルの少ない個性派モデル。今回は同価格帯で手に入るツーリングモデルをあえてライバルとしてみた。

F900XRは排気量も近く、スポーツテイストをウリにしたNK派生のツアラーというコンセプトも同じ。電制サスのESAを搭載しても価格はトレーサーGTより若干安いが、走りのキャラは万能スタンダード寄りの味付け。

Vストローム1050はれっきとしたアドベンチャーだが、高級モデルのXTを選んでも価格差が少なく、快適ツーリング志向なら比べる価値あり、ということでノミネートした。

画像: ※このグラフは『オートバイ』編集部が各車両の相関関係をイメージしたもので、実際の性能面での優劣を示すものではありません。

※このグラフは『オートバイ』編集部が各車両の相関関係をイメージしたもので、実際の性能面での優劣を示すものではありません。

▶▶▶次ページ:トレーサー9とライバル車2モデルのスタイル&装備を比較チェック!

ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|スタイリングチェック

ヤマハ「トレーサー9 GT」

全長×全幅×全高:2175×885×1430mm
シート高:810mm

まるでYZF-R1のような、モノフォーカスLEDヘッドライトを新採用。その上部にあるライトはLEDポジションランプとコーナリングランプで、コーナリングランプは車速約5km/h以上、バンク角が7度以上で点灯する。シートはダブルステッチ入りの豪華仕様だ。


BMW「F900XR」

全長×全幅×全高:2150×860×1320-1420mm
シート高:825mm

画像1: ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|スタイリングチェック

兄貴分のS1000XR譲りのフォルム。日本仕様の中心グレード「スタンダード」は775mmのローシートを標準装備、ダイナミックESAを装備する上級グレードの「プレミアム」はシート高825mmとなる。


スズキ「Vストローム1050XT」

全長×全幅×全高:2265×940×1465mm
シート高:850mm

画像2: ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|スタイリングチェック

往年の名機「DR-BIG」をモチーフとしたスタイリングも大きな魅力のひとつ。XTは電子制御デバイスパックである「S.I.R.S」や前後スポークホイールを標準装備する上級グレードだ。

ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|エンジン・フレームチェック

ヤマハ「トレーサー9 GT」

画像: 総排気量:888cc 最高出力:120PS/10000rpm 最大トルク:9.5kgf-m/7000rpm

総排気量:888cc
最高出力:120PS/10000rpm
最大トルク:9.5kgf-m/7000rpm

インジェクターの位置まで変更し、優れた燃焼効率を実現した888㏄エンジンは120PSを発揮。フレームはMT-09をベースにチューニングを施したもので、専用設計のリアフレームとボックス構造のスイングアームを装備。

画像1: ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|エンジン・フレームチェック

BMW「F900XR」

画像: 総排気量:894cc 最高出力:105HP/8500rpm 最大トルク:9.38kgf-m/6500rpm

総排気量:894cc
最高出力:105HP/8500rpm
最大トルク:9.38kgf-m/6500rpm

894ccのDOHCツインは270度クランクや鍛造ピストンを採用し、105HPを発揮。スチール製のブリッジフレームはスポーツNKのF900Rと共通で、エンジンを強度部材の一部とした構造。

画像2: ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|エンジン・フレームチェック

スズキ「Vストローム1050XT」

画像: 総排気量:1036cc 最高出力:106PS/8500rpm 最大トルク:10.1kgf-m/6000rpm

総排気量:1036cc
最高出力:106PS/8500rpm
最大トルク:10.1kgf-m/6000rpm

1036ccの排気量を持つスズキの傑作Vツインユニットは伸びやかなパワー特性が魅力。スポーツバイク顔負けの高剛性を誇るアルミ製ダイヤモンドフレームは安定感ある走りに貢献。

画像3: ヤマハ「トレーサー9 GT」・BMW「F900XR」・スズキ「Vストローム1050XT」|エンジン・フレームチェック

This article is a sponsored article by
''.