2021年7月29日、カワサキが「Z400」の2022年モデルを発表した。記事末では人気カラー投票を実施中!

カワサキ「Z400」の特徴

画像: Kawasaki Z400 総排気量:398cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:785mm 重量:166kg 発売日:2021年9月24日 税込価格:68万2000円

Kawasaki Z400

総排気量:398cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:785mm
重量:166kg

発売日:2021年9月24日
税込価格:68万2000円

125ccから1000ccまで、幅広いラインナップを揃えるカワサキのネイキッドスポーツ・Zシリーズ。最新のスーパースポーツに匹敵する性能を備えるメカニズムに、シリーズ共通の獰猛な獣を想わせるアグレッシブな「SUGOMI」スタイリングと、自由度の高いアップライトなポジション設定を組み合わせて、豪快な走りを快適に味わえるモデルとして広く人気を集めている。

その中でも「Z400」は、ミドルスーパースポーツの「ニンジャ400」譲りの水冷並列ツインエンジンと軽量コンパクトなボディをベースに、Zらしさをプラス。パフルな動力性能と軽快なハンドリングを備えた、トータルバランスの高い魅力的な400ccモデルだ。

9月24日から発売される2022年モデルの「Z400」は、スペックやメカニズム、スタイリングについては従来モデルと同様で、カラーリングのみの変更となる。

カワサキ「Z400」2022年モデルのカラー・価格・発売日

新色の「パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー」に加え、従来モデルのカラーのイメージを受け継ぎつつ配色を一部変更した「キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック」の2タイプが用意される。

「Z400」の税込価格は68万2000円で、発売開始は9月24日の予定となっている。

画像: Z400/パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー

Z400/パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー

画像: Z400/キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック

Z400/キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキ「Z400」が2022年モデルでカラーチェンジ! トータルバランス抜群のミドルネイキッド
    キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック
  • 画像2: カワサキ「Z400」が2022年モデルでカラーチェンジ! トータルバランス抜群のミドルネイキッド
    パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー
  • 画像3: カワサキ「Z400」が2022年モデルでカラーチェンジ! トータルバランス抜群のミドルネイキッド
    キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック
    49
    285
  • 画像4: カワサキ「Z400」が2022年モデルでカラーチェンジ! トータルバランス抜群のミドルネイキッド
    パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー
    51
    301

投票ありがとうございました。

カワサキ「Z400」の主なスペック

全長×全幅×全高1990×800×1055mm
ホイールベース1370mm
シート高785mm
車両重量166kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量398cc
ボア×ストローク70×51.8mm
圧縮比11.5
最高出力48PS/10000rpm
最大トルク3.9kgf・m/8000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5°
トレール92mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17・150/60R17
ブレーキ形式(前・後)φ310mmディスク・φ220mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.