YAMAHA「TRICITY155 ABS」
税込価格:48万4000円

全長×全幅×全高:1980×750×1210mm
ホイールベース:1350mm
シート高:765mm
車両重量:165kg

LMWテクノロジーによって両立された、3輪ならではの絶大な安定感と2輪車的な軽快なコーナリングで人気の125㏄スクーター・トリシティをベースに、排気量UPやフレームの新設計などで開発された155ccモデル。

パワーアップにより高速道路も走行可能な上質なクルージング性能を実現し、幅広いシチュエーションでLMWテクノロジーを活かしたライディングを味わえる。

2019年モデルでマイナーチェンジ、シート高が15mm低く設定され、2020年モデルではカラー変更が行われた。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    ブルーイッシュグレーソリッド4
  • 画像2: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    ホワイトメタリック6
  • 画像3: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    マットグレーメタリック3
  • 画像4: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    ブルーイッシュグレーソリッド4
    49
    63
  • 画像5: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    ホワイトメタリック6
    33
    42
  • 画像6: ヤマハ「トシリティ155 ABS」【1分で読める 2021年に新車で購入可能な150ccバイク紹介】
    マットグレーメタリック3
    19
    24

投票ありがとうございました!

エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量:155cc
ボア×ストローク:58.0×58.7mm
圧縮比:10.5
最高出力:11kW(15PS)/8000rpm
最大トルク:14N・m(1.4kgf・m)/6000rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:7.2L
キャスター角:20°00′
トレール量:67mm
変速機形式:Vベルト式無段変速/オートマチック
ブレーキ形式 前・後:ディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後:90/80-14・130/70-13

This article is a sponsored article by
''.