2021年6月16日、スズキがヨーロッパ向けの2022年モデルとして「GSX-S950」を発表した。2021年8月から現地で発売される予定だ。

スズキ「GSX-S950」の特徴

画像: SUZUKI GSX-S950 総排気量:999cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:810mm 車両重量:214kg

SUZUKI GSX-S950

総排気量:999cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:810mm
車両重量:214kg

画像: 【参考】GSX-S1000(2021年モデル) www.autoby.jp

【参考】GSX-S1000(2021年モデル)

www.autoby.jp

ヨーロッパの「A2」免許向けにコンバートも可能

写真を見比べる限りでは、外観上は印象的なフロントマスクをはじめ、先日フルモデルチェンジされて欧州で発売が始まったばかりの新型「GSX-S1000」とほとんど同じに見えるし、実際にメカニズムも含めて多くの部分は共通だ。

ただし、エンジンの最高出力を見ると「1000」の152PSに対して「950」は95PSにダウン。価格も「1000」の1万3199ユーロに対して、「950」は1万399ユーロ。その価格差2800ユーロは、日本円換算で約37万円となるから、かなりディスカウントされている。

では「GSX-S950」は「GSX-S1000」の単なる廉価版なのかといえば、そうではない。欧州経済領域(EEA)内の免許制度で設定されている「A2」免許に適合させることも可能になっているのだ。

画像1: スズキ「GSX-S950」の特徴

ヨーロッパでの二輪免許は3段階に別れている。一番上のグレードが「A」(年齢20歳以上、A2以下の免許で2年以上の経験があること)で、2年以上の経験があれば排気量やパワーなどの制限は受けない。一番下の「A1」(年齢16歳以上)で乗れるのは、排気量125cc以下で最高出力11kw=約15PS以下。そして「A」と「A1」の間に位置する「A2」(年齢18歳以上)にも排気量制限はないが、最高出力35 kW=約48PS以下でパワーウェイトレシオ0.2 kw/kg以下の二輪車に限定される。

もちろん「A2」免許ではビッグバイクのフルパワーを味わえないことになるが、日本の感覚よりもかなり高額な任意保険料金が低く抑えられるなどメリットも多いとされる。

画像2: スズキ「GSX-S950」の特徴

しかし「GSX-S950」の最高出力95PSでは「A2」免許の条件を超えてしまうはず。しかし吸気制限によってパワーを抑える純正キットが用意されていて、「A2」規定をクリアできるようになっているのだ。

このキットを装着するとピークパワーこそ低くなるが、6500rpmという低い回転で発揮される92Nmという十分なトルクはそのまま。ライドバイワイヤー、3モードのトラクションコントロールと合わせて、扱いやすくしかも力強い走りを味わえる。

画像3: スズキ「GSX-S950」の特徴

また、価格を抑えるために各部のパーツも変更。KYB製の倒立フォークからは調整機構が省かれ、フロントブレーキキャリパーはブレンボ製からトキコ製に。ハンドルバーもテーパーバーからストレートバーとされた。クイックシフターも装備されていない。とはいえ、アルミツインスパーフレームをはじめとする車体の基本構成はそのまま受け継がれていて、スポーティな乗り味はそのまま。

スズキ「GSX-S950」のカラーバリエーション

ウインカーはLEDからバルブタイプになった程度で、スタイリングはほとんど変更されていない。フォークのアウターチューブやクランクケースカバーの色、グラフィックなどは「GSX-S1000」と異なる。カラーリングは、メタリックトリトンブルー、パールブリリアントホワイト、メタリックマットブラックNo.2の3色が設定されている。

画像: メタリックトリトンブルー

メタリックトリトンブルー

画像: パールブリリアントホワイト

パールブリリアントホワイト

画像: メタリックマットブラックNo.2

メタリックマットブラックNo.2


【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    メタリックトリトンブルー
  • 画像2: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    パールブリリアントホワイト
  • 画像3: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    メタリックマットブラックNo.2
  • 画像4: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    メタリックトリトンブルー
    37
    346
  • 画像5: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    パールブリリアントホワイト
    45
    425
  • 画像6: スズキが欧州で「GSX-S950」を発表! 新型「GSX-S1000」とのちがいをチェック、ヨーロッパの免許制度についても解説
    メタリックマットブラックNo.2
    18
    167

投票ありがとうございました!

画像: 【走行映像】Nuova GSX-S950 - "Beauty and Excitement" www.youtube.com

【走行映像】Nuova GSX-S950 - "Beauty and Excitement"

www.youtube.com

スズキ「GSX-S950」の主なスペック

全長×全幅×全高2115×810×1080mm
ホイールベース1460mm
シート高810mm
車両重量214kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク73.4×59mm
圧縮比12.2
最高出力95PS/7800rpm
最大トルク92Nm/6500rpm
燃料タンク容量19L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°
トレール100mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・190/50ZR17
ブレーキ形式(前・後)Φ310mmダブルディスク・Φ220mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.