惜しまれつつも生産終了が発表された日本を代表するシングルクラシック、SR400の試乗レポートをお届けする。長年にわたってファンに愛され続けた、SRの深い味わいを改めて検証してみよう。
文:太田安治/写真:南 孝幸

ヤマハ「SR400 ファイナルエディション」カラーバリエーション

ダークグレーメタリックN

ダルパープリッシュブルーメタリックX

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください!投票後、集計結果がご覧いただけます!

  • 画像9: ヤマハ「SR400ファイナルエディション」インプレ(2021年)|キックスタートから始まるSRの世界は最後まで健在だった!
    ダークグレー
  • 画像10: ヤマハ「SR400ファイナルエディション」インプレ(2021年)|キックスタートから始まるSRの世界は最後まで健在だった!
    ブルー
  • 画像11: ヤマハ「SR400ファイナルエディション」インプレ(2021年)|キックスタートから始まるSRの世界は最後まで健在だった!
    ダークグレー
    51
    361
  • 画像12: ヤマハ「SR400ファイナルエディション」インプレ(2021年)|キックスタートから始まるSRの世界は最後まで健在だった!
    ブルー
    49
    340

投票ありがとうございました!

ヤマハ「SR400 FINAL EDITION LIMITED」

画像: YAMAHA SR400 FINAL EDITION LIMITED 発売日:2021年3月15日(月) メーカー希望小売価格:税込74万8000円

YAMAHA SR400 FINAL EDITION LIMITED

発売日:2021年3月15日(月)
メーカー希望小売価格:税込74万8000円

限定1000台の“走る工芸品”

ファイナルエディションで、さらに1000台のみの限定販売となるリミテッドは、有終の美を飾るにふさわしい豪華仕様。

ボディカラーは職人の手作業によるサンバースト塗装のブラックを施し、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒文字盤のメーターなどを装備する。

ヤマハ「SR400」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2085×750×1100mm
ホイールベース1410mm
最低地上高130mm
シート高790mm
車両重量175kg
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量399cc
ボア×ストローク87.0×67.2mm
圧縮比8.5
最高出力18kW(24PS)/6500rpm
最大トルク28N・m(2.9kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量12L
変速機形式5速リターン
キャスター角27°40′
トレール量111mm
タイヤサイズ(前・後)90/100-18M/C 54S・110/90-18M/C 61S
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・ドラムブレーキ
メーカー希望小売価格60万5000円(消費税10%込)

文:太田安治/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.