カワサキが250ccアドベンチャークラスに投入しているマシンがヴェルシスX。現行モデルの「ツアラー」は、左右にパニアケースを標準装備したグレードで、ニンジャ譲りのパワフルな2気筒エンジンが生み出す快適なクルージング性能が魅力の一台だ。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」カラーバリエーション

カラーバリエーションは「パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー」、「フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン」の2タイプ。

パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー
税込価格:70万4000円

フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
税込価格:72万500円

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像10: カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」インプレ(2021年)ツーリング性能に長けた250ccアドベンチャーを徹底レビュー
    パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー
  • 画像11: カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」インプレ(2021年)ツーリング性能に長けた250ccアドベンチャーを徹底レビュー
    フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
  • 画像12: カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」インプレ(2021年)ツーリング性能に長けた250ccアドベンチャーを徹底レビュー
    パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー
    50
    1004
  • 画像13: カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」インプレ(2021年)ツーリング性能に長けた250ccアドベンチャーを徹底レビュー
    フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
    50
    1009

投票ありがとうございました!

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」ライディングポジション・足つき性

シート高:815mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

ステップやシートの位置関係でヒザの曲がりが緩やか。やや広めのハンドル幅と高めのグリップ位置とあわせ、大型車のようなゆったりしたライディングポジションとなっている。シート高は同クラスのロードモデル並み。

画像: カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」ライディングポジション・足つき性

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

パニアケースのステーはグラブバーとしても使え、足の曲がりもきつくないので、リラックスしてタンデムできます。

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」各部装備・ディテール解説

小ぶりではあるが、立てられたレイアウトのスクリーンはウインドプロテクション効果の高いもので、高速巡航で威力を発揮する。

アナログ式タコメーターに液晶モニターを組み合わせたメーターはニンジャ250と同系統のもの。ギアポジションも表示する。

デュアルスロットルバルブを備えたDOHCツインエンジンはニンジャ250譲り。パワーも33PSと、このカテゴリーではトップクラス。

フロントは19インチホイールを採用。標準装着タイヤはチューブタイヤで、ブレーキは290mm径のペータルディスク。

リアホイールは17インチで、リアブレーキ径は220mm。マフラーはニンジャ250 に似た多角形断面のサイレンサーを装備する。

ロングランもこなせる、ホールド性の高いシートをはやや硬めの設定。左右にはパニアケースも標準装備している。

テールランプ、ウインカーはオーソドックスな電球式を採用。フックを4 つ備えたアルミ製のリアキャリアも標準装備する。

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2170×940×1390mm
ホイールベース1450mm
最低地上高180mm
シート高815mm
車両重量183kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量248cc
ボア×ストローク62.0×41.2mm
圧縮比11.3
最高出力24kW(33PS)/11500rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/1000rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.3゜
トレール量108mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19M/C (57S)・130/80-17M/C (65S)
ブレーキ形式(前・後)Φ290mmディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格70万4000円/72万500円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

This article is a sponsored article by
''.