250ccアドベンチャークラスで高い人気を誇っているのがスズキのVストローム250。アドベンチャーらしいスタイリング、爽快な吹け上がりのSOHC ツイン、リーズナブルな価格と魅力にあふれたモデルだ。その人気の秘訣を改めて試乗チェックしていこう。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

カラーバリエーションは「パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)」、「パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー(BJE)」、「トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)」、「パールネブラーブラック(YAY)」の4タイプ。

パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)

画像1: スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー(BJE)

画像2: スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)

画像3: スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

パールネブラーブラック(YAY)

画像4: スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像3: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック
  • 画像4: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー
  • 画像5: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    トリトンブルーメタリックNo.2
  • 画像6: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック
  • 画像7: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック
    30
    326
  • 画像8: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー
    32
    351
  • 画像9: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    トリトンブルーメタリックNo.2
    22
    243
  • 画像10: スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ(2021年)街乗りもツーリングも快適な250ccアドベンチャー界の人気モデル
    パールネブラーブラック
    17
    185

スズキ「Vストローム250 ABS」ライディングポジション・足つき性

シート高:800mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

アドベンチャールックだがハンドル幅は意外に狭めでロードスポーツ的。高めのグリップ位置で上半身は完全な直立になり、街乗りからロングランまで快適にこなせる。シートが前下がりなので前側に座ると足つきもいい。

画像: スズキ「Vストローム250 ABS」ライディングポジション・足つき性

スズキ「Vストローム250 ABS」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

グラブバーの形状がとても掴みやすいもので、位置もちょうど良く、自然なポジションが取れるので、しっかり体を安定させられて安心感が高いです。

シートもほどよい硬さで疲れにくく、ロングランも苦になりません。ちょっと高めの着座位置からの眺めも良く、タンデムで旅に出るのが楽しみになるバイクです。

スズキ「Vストローム250 ABS」各部装備・ディテール解説

タフギアをイメージしたヘッドライトはユニークな丸目1灯。スクリーンはコンパクトだが高いウインドプロテクション性能を発揮。

バーグラフ式のタコメーターを上部にレイアウトした反転表示の液晶メーター。左下には便利なDCソケットも装備する。

SOHCエンジンは発進から90km/h あたりまでの速度域で優れた加速性能を発揮するカムプロフィールを採用。吹け上がりも滑らかだ。

フロントタイヤは走破性にこだわって採用した、クラス唯一の80扁平。ペータルディスクはΦ290mmという大径を採用している。

試乗車の装着タイヤはIRCのロードウィナー。センタースタンドを標準装備しているのも大きなポイントのひとつだ。

シートは座面が広く肉厚で、着座位置の自由度が高いもの。アルミリアキャリアはタンデム時にはグラブバーとしても活用できる。

テールランプはLED、ウインカーはクリアレンズ採用の電球タイプ。リアキャリアには荷掛けフックが4カ所備わっている。

スズキ「Vストローム250 ABS」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2150×880×1295mm
ホイールベース1425mm
最低地上高160mm
シート高800mm
車両重量189kg
エンジン形式水冷4ストSOHC2バルブ並列2気筒
総排気量248cc
ボア×ストローク53.5×55.2mm
圧縮比11.5
最高出力18kW(24PS)/8000rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜10'
トレール量100mm
タイヤサイズ(前・後)110/80-17M/C (57H)・140/70-17M/C (66H)
ブレーキ形式(前・後)Φ290mmディスク・Φ240mmディスク
メーカー希望小売価格61万3800円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

This article is a sponsored article by
''.