スポーティな走りが光る「ネオ・スポーツ・カフェ」シリーズの中堅モデル、CB250R。2019年には足回りの変更で足つき性を向上、ABSも標準装備として扱いやすさも充実。ストリートでますます頼れる相棒に進化した。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔

ホンダ「CB250R」カラーバリエーション

ボディカラーは「ブラック」、「マットパールアジャイルブルー」、「キャンディークロモスフィアレッド」、「マットクリプトンシルバーメタリック」の4色をラインアップ。

ブラック

画像1: ホンダ「CB250R」カラーバリエーション

マットパールアジャイルブルー

画像2: ホンダ「CB250R」カラーバリエーション

キャンディークロモスフィアレッド

画像3: ホンダ「CB250R」カラーバリエーション

マットクリプトンシルバーメタリック

画像4: ホンダ「CB250R」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    ブラック
  • 画像2: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    マットパールアジャイルブルー
  • 画像3: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像4: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    マットクリプトンシルバーメタリック
  • 画像5: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    ブラック
    20
    402
  • 画像6: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    マットパールアジャイルブルー
    24
    500
  • 画像7: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    キャンディークロモスフィアレッド
    27
    555
  • 画像8: ホンダ「CB250R」インプレ(2021年)峠道と高速道路で走行性能を検証! 足つき性と各部ディテールもチェック
    マットクリプトンシルバーメタリック
    29
    589

投票ありがとうございました!

ホンダ「CB250R」ライディングポジション・足つき性

シート高:795mm
ライダーの身長・体重:163cm・43kg

高めのハンドルで上体はごく軽い前傾。個人的にはハンドルの絞り角がもう少し内側に向けば長時間ライディングも楽だと感じる。足着き性は文句なく、車重も軽いので身長150cm台のライダーでも不安は感じないだろう

画像: ホンダ「CB250R」ライディングポジション・足つき性

ホンダ「CB250R」木川田ステラのひとくちインプレ

足つき性の向上は私でもハッキリわかります。地面に接地している足の裏の面積が大きくなって、
より踏ん張れるようになったので、これならストップ&ゴーの多い街乗りでも不安はありません。

シートは前後にちょっと余裕があって自由度も高いので、街からツーリングまで、どんなシーン
でも楽しんで走ることができます。リアサスが以前よりソフトになったそうですが、タンデムをする際はもう少し固めでもいいかもしれません。

ホンダ「CB250R」各部装備・ディテール解説

印象的なデザインのLEDヘッドライトはCB-Rシリーズのスタイリングを象徴するアイテム。上がロー、下がハイの2 段式だ。

コンパクトだが優れた視認性と機能性を兼ね備えたメーター。中央に速度計、その周囲では回転計、燃料計を表示する。

CBR250R系の水冷単気筒エンジンは27PSを発揮。扱いやすい特性と軽量な車体との相乗効果で爽快な走りを実現している。

画像: フロントフォークは倒立、ブレーキキャリパーはラジアルマウント。今回のモデルチェンジでスプリング設定が見直された。

フロントフォークは倒立、ブレーキキャリパーはラジアルマウント。今回のモデルチェンジでスプリング設定が見直された。

画像: ダンパー室内のオイルとガスが混ざることを防止する、分離加圧式リアサスペンションを採用。2019年型からはややソフトな仕様となった。

ダンパー室内のオイルとガスが混ざることを防止する、分離加圧式リアサスペンションを採用。2019年型からはややソフトな仕様となった。

ホンダ「CB250R」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2020×805×1045mm
ホイールベース1355mm
最低地上高147mm
シート高795mm
車両重量144kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力20kW(27PS)/9000rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/8000rpm
燃料タンク容量10L
変速機形式6速リターン
キャスター角24゜44'
トレール量93mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C (54H)・150/60R17M/C (66H)
ブレーキ形式(前・後)Φ296mmディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格56万4300円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔

This article is a sponsored article by
''.