「毎日乗れるスーパーバイク」というコンセプトで、若者からベテランまで、幅広い層のライダーに支持されているYZF-R25。2019年のモデルチェンジでは倒立フォークも採用され、スポーツ性能を一層高めた。足つきチェックや各部解説、2021年カラーの人気投票もお見逃しなく。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

ヤマハ「YZF-R25 ABS」カラーバリエーション

2021年モデルは3色のボディカラーをラインアップ。ニューカラーは2タイプでシアンメタリック6(シアン)、マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)。そしてディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)だ。

YZF-R25 シアンメタリック6(シアン)

YZF-R25 マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

YZF-R25 ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像10: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    シアンメタリック6
  • 画像11: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    マットダークグレーメタリック8
  • 画像12: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    ディープパープリッシュブルーメタリックC
  • 画像13: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    シアンメタリック6
    33
    223
  • 画像14: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    マットダークグレーメタリック8
    26
    174
  • 画像15: ヤマハ「YZF-R25 ABS」インプレ(2021年)スポーツ性能と扱いやすさを兼備する人気の250ccフルカウルモデル
    ディープパープリッシュブルーメタリックC
    41
    277

投票ありがとうございました!

ヤマハ「YZF-R25 ABS」ライディングポジション・足つき性

シート高:780mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

ハンドルが22mm低くなったが前傾はきつくない。上体を伏せたコーナリング姿勢では肘の収まりが良く、手首の負担も減った。足着き性はサスペンションの沈み込み量は減ったが、身長160cm程度のライダーでも不安はない。

ヤマハ「YZF-R25 ABS」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

タンデム時はライダーの腰に手を回して乗るのがちょうどいい感じです。タンデムのステップ位置が絶妙で、しっかり踏ん張れるので安心感があります。タンデムシートはほどよい高さで視界も良いから、ライダーと一緒にライディングを堪能できますよ。

ヤマハ「YZF-R25 ABS」各部装備・ディテール解説

MotoGPマシンYZR-M1のようなセンターエアダクトを装備したフロントマスクは非常に新鮮なイメージ。ヘッドライトはLED 。

画像: 全回転域でトルクフルなパワー特性で高く評価されている水冷DOHC2気筒エンジンは継承。最高出力は35PSとトップレベルにある。

全回転域でトルクフルなパワー特性で高く評価されている水冷DOHC2気筒エンジンは継承。最高出力は35PSとトップレベルにある。

ブレーキはΦ298mmシングルディスク、ホイールは軽量な星形10本スポーク。2021年モデルはABS搭載モデルのみの販売となる。

マフラー形状は前モデルのものに似た形状。リアブレーキは220mm径、タイヤはIRCのRX-01を装着している。

画像: メーターは液晶フルデジタル。オド&ツイントリップ、瞬間&平均燃費やギアポジションが表示される液晶パネルとなった。

メーターは液晶フルデジタル。オド&ツイントリップ、瞬間&平均燃費やギアポジションが表示される液晶パネルとなった。

従来型の形状に似たシートは、座面が広く、滑りにくい表皮を採用したセパレートタイプ。シート高は780mmだ。

小ぶりではあるが、タンデムシート下には小物やETC車載器などを収納可能なスペースを確保。こうした実用性の高さも魅力。

ヤマハ「YZF-R25 ABS」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2090×730×1140mm
ホイールベース1380mm
最低地上高160mm
シート高780mm
車両重量170kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク60×44.1mm
圧縮比11.6
最高出力26kW(35PS)/12000rpm
最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/10000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量95mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-17M/C (54S)・140/70-17M/C (66S)
ブレーキ形式(前・後)Φ298mmディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格65万4500円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

This article is a sponsored article by
''.