ホンダは2021年3月30日、国内向けの新型車「GB350」「GB350S」を正式に発表した。この記事では、スタイリングについて触れていこう。記事末では「GB350」と「GB350S」の人気投票アンケートを実施中!

「GB350」「GB350S」のデザインコンセプトは「Massive & Shaped Design」

発表前から注目されてきた「GB350」「GB350S」の魅力の大きな部分を占めているのは、そのレトロで落ち着いた雰囲気の漂うスタイリングにあるのは間違いのない事実。しかしそのデザインは、何か具体的な旧車のレプリカでもないし、もちろんクラシカルなディテールを寄せ集めたなんてものではない。

画像: Honda GB350 排気量:348cc エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒 シート高:800mm 車両重量:180kg 発売日:2021年4月22日予定 メーカー希望小売価格:税込55万円

Honda GB350

排気量:348cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒
シート高:800mm
車両重量:180kg

発売日:2021年4月22日予定
メーカー希望小売価格:税込55万円

デザインをまとめたスタッフは、オートバイは単体ではなく「ライダーが操っている姿が最も美しい」と考えたという。ライダーとオートバイの存在感を調和させた、街乗りからツーリングまで、幅広い用途での扱いやすさも備えたスタイリングを目指して具現化されたのが、「GB350/S」のスタイリングだといえる。

画像: Honda GB350 S 排気量:348cc エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒 シート高:800mm 車両重量:178kg 発売日:2021年7月15日予定 メーカー希望小売価格:税込59万4000円

Honda GB350 S

排気量:348cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒
シート高:800mm
車両重量:178kg

発売日:2021年7月15日予定
メーカー希望小売価格:税込59万4000円

デザインのコンセプトは「Massive & Shaped Design」。 “骨格”であるスリムな鋼管セミダブルクレードルフレーム、“ボディ”を代表する美しい曲面の燃料タンク、“象徴”としての空冷直立単気筒エンジンをデザインの核として、ライダーと車体双方の存在感を際立たせるように形作られた。

具体的には、そのスタイリングは3つの要素によって構成されているという。 1つ目はダウンチューブ、ピボットパイプ、リアクッションそれぞれの角度を平行とした車体骨格のライン。 2つ目は、そのラインを対称となる角度で受けるフロントフォークのライン。そして3つ目はタンクやシートなど、主にライダーが触れる車体上部と、エンジンや足まわりなどのメカニズムが集まる車体下側を分ける水平ラインだ。

画像1: 「GB350」「GB350S」のデザインコンセプトは「Massive & Shaped Design」

これらのバランスによって、ライダーの頭の位置と前後ホイールを頂点とする二等辺三角形、さらに腰下に水平線を通った安定感のあるシルエットによる、調和のとれた構成による「佇まい」をベースに、「GB350」「GB350S」の両車はデザインされた。

画像: GB350のデザインスケッチ

GB350のデザインスケッチ

スタンダードな「GB350」は、燃料タンクや前後フェンダーといったスチールを深く絞った温かみのある形状、またクランクケースカバーや冷却フィン端面を一枚ずつ切削加工して仕上げたシリンダーヘッドなど、金属の豊かな表情でまとめた高品位な造りを多用し、信頼感や落ち着きと抑揚が調和させた仕上がり。

画像: GB350Sのデザインスケッチ

GB350Sのデザインスケッチ

「GB350S」は、燃料タンクやエンジンなどの基本デザインは「GB350」と共通。ヘッドライトのデザインや、軽快なデザインの樹脂製前後フェンダー、17インチ化されたリアホイールをはじめ、シート、サイドカバーも変更、フォークブーツも装着。よって軽快な走りを目指すと同時に、ワイルドでスポーティーなスタイルにアレンジされている。

画像2: 「GB350」「GB350S」のデザインコンセプトは「Massive & Shaped Design」

全体的なデザインだけでなく、ディテールにも力は入れられている。GB350を象徴するメカニズムでもあるエンジンの外観は、空冷・直立・単気筒という機能的な特徴をベースにデザイン。

水平に配置されたスロットルボディーからシリンダーヘッド、エキゾーストパイプと続く流れで、吸気→燃焼→排気というエンジンの動作を想わせ、単気筒であることを強調する冷却フィンで空冷ならではの立体感を強調。そしてシリンダーヘッド部フィンの切削加工の輝きは吸気から排気への流れをイメージ。エンジンの鼓動感をライダーに想像させるような造形と仕上げだ。

画像3: 「GB350」「GB350S」のデザインコンセプトは「Massive & Shaped Design」

長距離ツーリングを考慮して15Lという余裕のある容量を確保し、大きく幅を絞ることでライダーとの一体感にも配慮した、両モデル共通の燃料タンクは、機能だけでなくデザインにもこだわっている。張りのある曲面から左右ショルダーのエッジにかけて徐々に変化し、力強く立体感に溢れ、スチールという素材ならではの温かみのある表情も感じさせる美しい造形。「GB350」「GB350S」で一際目を惹く部分となっている。

【アンケート】 あなたは「GB350」と「GB350S」どちらのデザインが好きですか?

画像1: ホンダ「GB350」「GB350S」のスタイリングはただの懐古主義ではない! 考え抜かれたデザインで生まれた新時代の空冷単気筒バイク

お好きな方をポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ホンダ「GB350」「GB350S」のスタイリングはただの懐古主義ではない! 考え抜かれたデザインで生まれた新時代の空冷単気筒バイク
    GB350
  • 画像3: ホンダ「GB350」「GB350S」のスタイリングはただの懐古主義ではない! 考え抜かれたデザインで生まれた新時代の空冷単気筒バイク
    GB350 S
  • 画像4: ホンダ「GB350」「GB350S」のスタイリングはただの懐古主義ではない! 考え抜かれたデザインで生まれた新時代の空冷単気筒バイク
    GB350
    47
    1610
  • 画像5: ホンダ「GB350」「GB350S」のスタイリングはただの懐古主義ではない! 考え抜かれたデザインで生まれた新時代の空冷単気筒バイク
    GB350 S
    53
    1841

投票ありがとうございました!

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.