1924年に創業した老舗モーターサイクルブランド「メグロ」が、50年以上の時を経て復活を果たした。その名も「K3」。大排気量、高性能で羨望の的だった高級モーターサイクルブランドの輝かしい伝統を継承するにふさわしい上質な仕上がりで、いま、令和の道を走り出す。
まとめ:オートバイ編集部/写真:南 孝幸、カワサキ

カワサキ「メグロK3」車両解説

画像: Kawasaki MEGURO K3 総排気量:773cc エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒 シート高:790mm 車両重量:227kg 発売予定日:2021年2月1日(月) メーカー希望小売価格:127万6000円(消費税10%込)

Kawasaki MEGURO K3

総排気量:773cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
シート高:790mm
車両重量:227kg

発売予定日:2021年2月1日(月)
メーカー希望小売価格:127万6000円(消費税10%込)

メグロスピリットを現代に体現する最新作!

1924年に創業して以来、大排気量・高品質のスポーツモデル専業メーカーとして名を馳せたメグロ(目黒製作所)。現在もそのスピリットは、コミューターモデルを造らず、スポーツモデル専業メーカーを貫き続けるカワサキに引き継がれている。

そんなメグロのスピリットを今に受け継ぐモデルがWシリーズ。メグロがカワサキに吸収される直前のモデル、「500スタミナK1」をルーツとして発展してきたモデルで、W1、W3、W650、W800と、その歴史は今日まで続いている。

画像1: メグロスピリットを現代に体現する最新作!

そして2020年。令和の時代に、メグロは再び現れた。単なる懐古趣味のレトロバイクではなく、現代の技術で造られた、最新モデルを引っ提げて。それがこのカワサキ「メグロK3」。メグロの伝統と情熱がいまだに途切れていないことを体現するニューモデルである。

画像2: メグロスピリットを現代に体現する最新作!

カワサキ「W800」をベースに贅沢な専用装備をおごる

メグロK3のベースはW800。最新のカワサキ車にして、メグロのマシンをルーツに持つモデルだ。現行W800はスタンダード、ストリート、カフェというバリエーションがラインアップされているが、ベースとなったのはこのうちスタンダード。フロント19インチを採用する、クラシカルで気品のあるフォルムが魅力だ。

メグロK3はこのW800・スタンダードをベースに、メグロブランドにふさわしい、上質な仕上げが施されている。銀鏡塗装のアイコニックなタンクには、カワサキが誇る最新技術のひとつ、ハイリーデュラブルペイントのコートが施され、ホワイトのパイピングが付くシートにはプレーンな表皮をチョイス。

他にも、メーターべゼルのブラックアウト、リアショックのカバーなど、各所に施された贅沢な仕上げが特徴だ。

画像: カワサキ「W800」をベースに贅沢な専用装備をおごる

This article is a sponsored article by
''.