カワサキ「Z H2」の2021年モデルはカラーがブラックに

画像: Kawasaki Z H2 (2021年モデル) 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:830mm 車両重量:240kg

Kawasaki Z H2 (2021年モデル)

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:830mm
車両重量:240kg

カワサキはスーパーチャージドエンジンを搭載する「Z H2」の2021年型を2020年12月1日に発売しました。

主な変更点は、カラー&グラフィック。カラー名称は「メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック」。「Z H2」は2019年10月の東京モーターショーで世界初公開。その後、2020年4月に国内モデルが販売開始されました。そこから約8カ月で、今回の新色が発売されるかたちとなります。

価格に変更はなく税込189万2000円です。

カワサキ「Z H2」2021年モデルと2020年モデルの比較

2021年モデル

カラー:メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック

2020年モデル

カラー:メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー

【アンケート】あなたは2021年モデルと2020年モデルどちらの「Z H2」好きですか?

画像7: カワサキが「Z H2」の2021年モデルを発売! ニューカラーは全身ブラック【2021速報】

お好きな方をポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像8: カワサキが「Z H2」の2021年モデルを発売! ニューカラーは全身ブラック【2021速報】
    2021年モデル
  • 画像9: カワサキが「Z H2」の2021年モデルを発売! ニューカラーは全身ブラック【2021速報】
    2020年モデル
  • 画像10: カワサキが「Z H2」の2021年モデルを発売! ニューカラーは全身ブラック【2021速報】
    2021年モデル
    44
    336
  • 画像11: カワサキが「Z H2」の2021年モデルを発売! ニューカラーは全身ブラック【2021速報】
    2020年モデル
    56
    436

投票ありがとうございました!

カワサキ「Z H2」主なスペックと価格

全長×全幅×全高2085×810×1130mm
ホイールベース1455mm
最低地上高140mm
シート高830mm
車両重量240kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量998cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比11.2
最高出力147kW(200PS)/11000rpm
最大トルク137N・m(14.0kgf・m)/8500rpm
燃料タンク容量19L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.9゜
トレール量104mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C (58W)・190/55ZR17M/C (75W)
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmダブルディスク・Φ260mmシングルディスク
メーカー希望小売価格189万2000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.