2年前のEICMA(ミラノショー)に突如姿を現してから、市販が待ち望まれていたアプリリアの軽量スーパースポーツ「RS660」がついにデビューを果たした。アプリリアとしては初となる4スト2気筒のスーパースポーツとは、果たしてどのような内容なのか?

アプリリア「RS660」車両解説

画像: APRILIA RS660 総排気量:659cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒

APRILIA RS660

総排気量:659cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒

ミドルスーパースポーツの未来を占う新世代モデル!

MotoGPをはじめハイレベルなレース活動に挑戦し続けるスポーティなイメージのメーカーとして知られるアプリリア。その最新モデルとして姿を現したのがRS660だ。

レースでも活躍したリッタースーパースポーツ「RSV4」の弟分という位置付けにあり、エンジンもRSV4用1100ccV4の前側バンクをベースにした小さく低重心な並列2気筒ユニット。内部メカや電子制御もRSV4同様のものを備え、ワンクラス上に匹敵する最高出力100HPを発揮し、270度クランクを採用してVツイン的な鼓動感とサウンドも味わえる。

画像: アプリリア「RS660」車両解説

エンジンを強度メンバーとする高剛性アルミフレーム、高精度なサスやブレーキ、空力特性に優れる印象的なスタイルのフルカウルも、アプリリアの伝統に則ったレーシーな仕上がり。そこにライディングモードなどの多彩な機能で、ハイレベルなスポーツライディングをサポートする、やはりRSV4譲りの電子制御デバイス・APRCまで搭載。安全に最高のパフォーマンスを楽しめる、新世代ミドル・スーパースポーツとして注目すべき一台だろう。

日本での発売時期や価格は未定となっている。

アプリリア「RS660」主なスペック

全長x全幅x全高:1995×745×NA㎜
ホイールベース:1370㎜
最低地上高:NA
シート高:820㎜
車両重量:183㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:659㏄
ボアxストローク:81×63.93㎜
圧縮比:13.5
最高出力:100HP/10500rpm
最大トルク:6.83㎏-m/8500rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:15L
キャスター角/トレール量:24.1度/104.6㎜
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後: φ320㎜ダブルディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17・180/55ZR17

アプリリア「RS660」カラーバリエーション

ダイナミックで若々しいアシッドゴールドをはじめ、往年のGPマシンを想わせるラバレッドとエイペックスブラックの3色を設定。

画像: ラバレッド

ラバレッド

画像: エイペックスブラック

エイペックスブラック

画像: アシッドゴールド

アシッドゴールド

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

発表されたカラーは3色。あなたはどの色の「RS660」が好きですか? ポチっとお選びください。
投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    ラバレッド
  • 画像2: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    エイペックスブラック
  • 画像3: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    アシッドゴールド
  • 画像4: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    ラバレッド
    38
    378
  • 画像5: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    エイペックスブラック
    42
    416
  • 画像6: アプリリアが軽量スーパースポーツ「RS660」の市販モデルを発表!【2021速報】
    アシッドゴールド
    21
    206

アプリリア「RS660」各部装備・ディテール解説

画像: 今後のアプリリア、そのスタイリングの方向性を示す洗練されたデザイン。スポーツバイクとしての機能に開放感と快適性もプラス。

今後のアプリリア、そのスタイリングの方向性を示す洗練されたデザイン。スポーツバイクとしての機能に開放感と快適性もプラス。

画像: 空力性能を高めつつ快適性も確保するために、レースで磨かれたアプリリアの空力技術の結晶であるダブルフェアリングも採用。

空力性能を高めつつ快適性も確保するために、レースで磨かれたアプリリアの空力技術の結晶であるダブルフェアリングも採用。

搭載される並列2気筒エンジンはRS660を皮切りに、様々なモデルへの採用が予定されているという。アシストスリッパークラッチも標準装備。

最新スーパースポーツの法則に則り、マスの集中化のためにマフラーをショート化、車体の重心に近い位置に接地されている。

フロントフォークはKYB製倒立タイプで、インナーチューブ径Φ41㎜。ブレーキはブレンボ製ラジアルマウント&Φ320㎜ローター。

非対称形状のスイングアームはエンジンのクランクケースに直接マウントされる。標準装着タイヤはピレリのディアブロ・ロッソ・コルサII。

画像: 人間工学に基づいたポジション設定。ハンドルは極端に低くはなく、シート、ステップとの位置関係に配慮してライダーとの一体感を高める。

人間工学に基づいたポジション設定。ハンドルは極端に低くはなく、シート、ステップとの位置関係に配慮してライダーとの一体感を高める。

スポーティなデザインのシートだが快適性も犠牲にしていない。シート側面にテーパー加工を施すことで足付き性も向上させている。

画像: カウルのサイドパネルはこのように二重構造となっていて、走行風を取り入れることでウイングレットと同様の効果を果たす。

カウルのサイドパネルはこのように二重構造となっていて、走行風を取り入れることでウイングレットと同様の効果を果たす。

コンパクトで高機能、視認性にも優れる液晶メーター。オプションのアプリリアMIAを使えばスマホとの連携でさらに機能を拡張可能。

まとめ:オートバイ編集部

This article is a sponsored article by
''.